サティアの魔法

今日 いつもの散歩道であう ルル君のおにいちゃんに 初めて御返事してもらえた。彼は少しハンディがあって人と会話をするのが苦手だったりする。 昨日石井さんと前回売れ残っていたバザーの品物をある作業所に寄付に行った時に彼がそこにいることに気がついた。

実は彼の飼っているルル君はレナを大好きなのであるがお兄ちゃんににとってレナは大きすぎる。大事なルルに何かしそうで恐がって近づけてくれなかったりしてきた。 でもサティアがルルに近づくと ルルは嬉しそうに尻尾を振るのだ。ルルは内臓に疾患があって最近も血を吐いたりして

少し体調が悪い日が続いていたらしい。 でもサティアを見ると飛び上がらんばかりに喜んで お兄ちゃんもお母さんも そのルルを見てとても安心したみたい。
サティアには不思議な力があるのかもしれない。 誰にも怖がられないし 誰も拒むことをしない。 フワフワと白い柔らかいサティア

 お前のおかげで私は今日始めてルルのおにいちゃんにお話をしてもらったよ。


 小さな声で

 バザーのしなもの ありがとう

 だって。

a0020246_2021652.jpg



 マドロミ~^
 俺って独占欲の固まりらしいぜ
by jiro_saty | 2004-11-21 20:20 | みっちゃんちの犬たち