<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

一緒に逃げようよ

a0020246_15405842.jpg


中国で火事があった家から猿が仔犬を必死て抱きかかえて逃げ出した姿がとらえられていました。
生きている証というのは他の命を大切に思える心があるという事ではないでしょうか。猿がこんなに素晴らしい行動を取れるなら私達も頑張らなければと\(^o^)/
by jiro_saty | 2012-05-24 15:36 | みっちゃんのツイート

追悼 クフィ君

5月20日午前2時過ぎ クフィが永眠しました。
彼については以前 ことの顛末という題名で3回書いてあります。

ことの顛末
ことの顛末2
ことの顛末3

a0020246_1925067.jpg


私たちの街であり得ないような動物の飼育が平然と行われそれを誰も制する事が出来ないという不自由さをいつも感じます。法律も警察もそして愛護センターも指導という元に本来人間が行うべき動物への福祉の心をどうやって表現したらいいのでしょう。
感受性が強いという事だけで片付けられる場面も多々あります。。。

クフィが長い間苦しんだ時間が取り戻せるとは思えません。 みっちゃんちで最後はよかったね と言われても彼が置かれていたあまりにも残酷な日常を私はけして忘れる事が出来ない。
飼育していた男性を捜し出し注意しそして沢山の獣医が心を痛め動いてくれました。あるドクターは私たちに彼が書いたメモを彼が獣医だと言って働いている大学にばらまいてやったら と言ったほどでした。

ここに彼が書いたメモを記しておきましょう。



誠に申し訳ありませんが、静かに暮らさせて頂きたくお願いします。獣医師として野良猫に餌を与える団体に賛同する事はできません。この地域は野良猫が多く住民としては皆困っています。(エイズも多い)また勝手に敷地内に侵入し器物破損、放置し、草木を折られ精神的におかしくなりそうです。猫は砂漠などでも生息する様に犬に比べると暑さ感想にも強く熱中症も犬に比べると少ないのが現状です。庭先につながれている犬達を心配する方が先です。
またドロボウの為に留守を教える張り紙をするなどのイヤガラセには理解できません。お願いですから、放念の程よろしくお願いいたします。(お水も勝手にあげないでください。容器の穴より水が漏れ不衛生です)



最終的に誤解を与えるような事をして申し訳なかったと大学側に陳謝したとの事ですが彼が持ち込んだ慈恵院にはけして真実を話してはいませんでした。
by jiro_saty | 2012-05-21 18:42 | メモリアル

署名のお願い 大学での意味のない実験に抗議を

OIPA (Internationl Organization for Animal Protection) は最近日本の団体JAVA (Japan Anti-Vivisection Association) より、北里大学が生理学セミナー中にある特に残忍な実験を猫に対して実施しているという情報を入手しました。
これらの実験は、感覚神経と視床下部の相互関係を研究するために猫の頭蓋骨を開き、脳に電極を固定します。可哀相な猫に麻酔下で与えられた電流で学生達が猫の足や体を刺激し効果を研究したりするのです。この目的のために選ばれる猫は、ラットも同様ですが、主に弱く、栄養不足の野良猫たちです。しかし稀に家猫も同様に使用される可能性があります。麻酔を受けた猫は、一般的に12日から20日以内に死亡しています。
北里大学に私たちの声を聞かせる時です。恐ろしい苦痛と犠牲に満ちた残酷な練習を経済的、倫理的な観点から見ても確実により便利で近代的な方法に換えるよう要請する時です。
再度お知らせします。人間の生理は、動物のものと全く異なります。ですから、暴力の極みであるようなこのような実験は文明社会に値しないのです。それだけでなく、それらは疑わしく何の科学的価値もありません。
これらの実験を継続することは、倫理的原則および知覚のある生きものが生きる権利を持つ事に対する体系的な侵害を意味します。権利が完全に拒否され、人類の進化がなされていないこと、感性、意識、文明の不在。
永遠に動物実験を止めるために、永続的に近代的な技術を採用することを要請する抗議の手紙を北里大学に送ってください。(これに署名することがそうする事になります。オリジナルの署名運動はこちら: http://www.oipa.org/international/vivisection/alerts/kitasato.html)
by jiro_saty | 2012-05-15 09:11 | レスキュー編

手の中の命 その二

乳飲み子だったサラちゃん 
こんなに小さくて弱々しく手の中で震えていた。。。

a0020246_7531664.jpg

a0020246_7531790.jpg



今は同じ日に捨てられた兄弟と一緒に自分で食べているの。

a0020246_7473531.jpg

a0020246_7473594.jpg



でも

ママはきっと泣いているよね。

どこかの誰かが捨てた命

そしてどこかの誰かが救ってくれた命


大事にしていこう。
慌てて里親を探さない。

ゆっくり確実に幸せの階段を登っているんだ。
命のリレーって素晴らしいemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gif
by jiro_saty | 2012-05-15 07:46 | レスキュー編