<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

小佐古氏 辞意表明 全文 

内閣官房参与の辞任にあたって
(辞意表明)

内閣官房参与

小佐古敏荘

 平成23年3月16日、私、小佐古敏荘は内閣官房参与に任ぜられ、原子力災害の収束に向けての活動を当日から開始いたしました。そして災害後、一ヶ月半以上が経過し、事態収束に向けての各種対策が講じられておりますので、4月30日付けで参与としての活動も一段落させて頂きたいと考え、本日、総理へ退任の報告を行ってきたところです。
 なお、この間の内閣官房参与としての活動は、報告書「福島第一発電所事故に対する対策について」にまとめました。これらは総理他、関係の皆様方にお届け致しました。

 私の任務は「総理に情報提供や助言」を行うことでありました。政府の行っている活動と重複することを避けるため、原子力災害対策本部、原子力安全委員会、原子力安全・保安院、文部科学省他の活動を逐次レビューし、それらの活動の足りざる部分、不適当と考えられる部分があれば、それに対して情報を提供し、さらに提言という形で助言を行って参りました
 特に、原子力災害対策は「原子力プラントに係わる部分」、「環境、放射線、住民に係わる部分」に分かれますので、私、小佐古は、主として「環境、放射線、住民に係わる部分」といった『放射線防護』を中心とした部分を中心にカバーして参りました。
 ただ、プラントの状況と環境・住民への影響は相互に関連しあっておりますので、原子炉システム工学および原子力安全工学の専門家とも連携しながら活動を続けて参りました。
 さらに、全体は官邸の判断、政治家の判断とも関連するので、福山哲郎内閣官房副長官、細野豪志総理補佐官、総理から直命を受けている空本誠喜衆議院議員とも連携して参りました。

 この間、特に対応が急を要する問題が多くあり、またプラント収束および環境影響・住民広報についての必要な対策が十分には講じられていなかったことから、3月16日、原子力災害対策本部および対策統合本部の支援のための「助言チーム(座長:空本誠喜衆議院議員)」を立ち上げていただきました。まとめた「提言」は、逐次迅速に、官邸および対策本部に提出しました。それらの一部は現実の対策として実現されました。
 ただ、まだ対策が講じられていない提言もあります。とりわけ、次に述べる、「法と正義に則り行われるべきこと」、「国際常識とヒューマニズムに則りやっていただくべきこと」の点では考えていることがいくつもあります。今後、政府の対策の内のいくつかのものについては、迅速な見直しおよび正しい対策の実施がなされるよう望むところです。

1.原子力災害の対策は「法と正義」に則ってやっていただきたい

 この1ヶ月半、様々な「提言」をしてまいりましたが、その中でも、とりわけ思いますのは、「原子力災害対策も他の災害対策と同様に、原子力災害対策に関連する法律や原子力防災指針、原子力防災マニュアルにその手順、対策が定められており、それに則って進めるのが基本だ」ということです。

 しかしながら、今回の原子力災害に対して、官邸および行政機関は、そのことを軽視して、その場かぎりで「臨機応変な対応」を行い、事態収束を遅らせているように見えます。
 
 とりわけ原子力安全委員会は、原子力災害対策において、技術的な指導・助言の中核をなすべき組織ですが、法に基づく手順遂行、放射線防護の基本に基づく判断に随分欠けた所があるように見受けました。例えば、住民の放射線被ばく線量(既に被ばくしたもの、これから被曝すると予測されるもの)は、緊急時迅速放射能予測ネットワークシステム(SPEEDI)によりなされるべきものでありますが、それが法令等に定められている手順どおりに運用されていない。法令、指針等には放射能放出の線源項の決定が困難であることを前提にした定めがあるが、この手順はとられず、その計算結果は使用できる環境下にありながらきちんと活用されなかった。また、公衆の被ばくの状況もSPEEDIにより迅速に評価できるようになっているが、その結果も迅速に公表されていない。

 初期のプリュームのサブマージョンに基づく甲状腺の被ばくによる等価線量、とりわけ小児の甲状腺の等価線量については、その数値を20、30km圏の近傍のみならず、福島県全域、茨城県、栃木県、群馬県、他の関東、東北の全域にわたって、隠さず迅速に公開すべきである。さらに、文部科学省所管の日本原子力研究開発機構によるWSPEEDIシステム(数10kmから数1000kmの広域をカバーできるシステム)のデータを隠さず開示し、福島県、茨城県、栃木県、群馬県のみならず、関東、東北全域の、公衆の甲状腺等価線量、並びに実効線量を隠さず国民に開示すべきである。

 また、文部科学省においても、放射線規制室および放射線審議会における判断と指示には法手順を軽視しているのではと思わせるものがあります。例えば、放射線業務従事者の緊急時被ばくの「限度」ですが、この件は既に放射線審議会で国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告の国内法令取り入れの議論が、数年間にわたり行われ、審議終了事項として本年1月末に「放射線審議会基本部会中間報告書」として取りまとめられ、500mSvあるいは1Svとすることが勧告されています。法の手順としては、この件につき見解を求められれば、そう答えるべきであるが、立地指針等にしか現れない40-50年前の考え方に基づく、250mSvの数値使用が妥当かとの経済産業大臣、文部科学大臣等の諮問に対する放射線審議会の答申として、「それで妥当」としている。ところが、福島現地での厳しい状況を反映して、今になり500mSvを限度へとの、再引き上げの議論も始まっている状況である。まさに「モグラたたき」的、場当たり的な政策決定のプロセスで官邸と行政機関がとっているように見える。放射線審議会での決定事項をふまえないこの行政上の手続き無視は、根本からただす必要があります。500mSvより低いからいい等の理由から極めて短時間にメールで審議、強引にものを決めるやり方には大きな疑問を感じます。重ねて、この種の何年も議論になった重要事項をその決定事項とは違う趣旨で、「妥当」と判断するのもおかしいと思います。放射線審議会での決定事項をまったく無視したこの決定方法は、誰がそのような方法をとりそのように決定したのかを含めて、明らかにされるべきでありましょう。この点、強く進言いたします。

2.「国際常識とヒューマニズム」に則ってやっていただきたい

 緊急時には様々な特例を設けざるを得ないし、そうすることができるわけですが、それにも国際的な常識があります。それを行政側の都合だけで国際的にも非常識な数値で強引に決めていくのはよろしくないし、そのような決定は国際的にも非難されることになります。

 今回、福島県の小学校等の校庭利用の線量基準が年間20mSvの被曝を基礎として導出、誘導され、毎時3.8μSvと決定され、文部科学省から通達が出されている。これらの学校では、通常の授業を行おうとしているわけで、その状態は、通常の放射線防護基準に近いもの(年間1mSv,特殊な例でも年間5mSv)で運用すべきで、警戒期ではあるにしても、緊急時(2,3日あるいはせいぜい1,2週間くらい)に運用すべき数値をこの時期に使用するのは、全くの間違いであります。警戒期であることを周知の上、特別な措置をとれば、数カ月間は最大、年間10mSvの使用も不可能ではないが、通常は避けるべきと考えます。年間20mSv近い被ばくをする人は、約8万4千人の原子力発電所の放射線業務従事者でも、極めて少ないのです。この数値を乳児、幼児、小学生に求めることは、学問上の見地からのみならず、私のヒューマニズムからしても受け入れがたいものです。年間10mSvの数値も、ウラン鉱山の残土処分場の中の覆土上でも中々見ることのできない数値で(せいぜい年間数mSvです)、この数値の使用は慎重であるべきであります。

 小学校等の校庭の利用基準に対して、この年間20mSvの数値の使用には強く抗議するとともに、再度の見直しを求めます。

 また、今回の福島の原子力災害に関して国際原子力機関(IAEA)の調査団が訪日し、4回の調査報告会等が行われているが、そのまとめの報告会開催の情報は、外務省から官邸に連絡が入っていなかった。まさにこれは、国際関係軽視、IAEA軽視ではなかったかと思います。また核物質計量管理、核査察や核物質防護の観点からもIAEAと今回の事故に際して早期から、連携強化を図る必要があるが、これについて、その時点では官邸および行政機関は気付いておらず、原子力外交の機能不全ともいえる。国際常識ある原子力安全行政の復活を強く求めるものである。

以上


047.gif047.gif047.gif

久しぶりに血の通った会見だった。 涙を流して抗議をされている姿を見てこんな人がまだいるんだ と思った。

自分の利益や保身に走る大人が溢れているのに こんなにまじめに当たり前に取り組んでいる学者がまだいるんだって。

勇気を持って辞意を表明されたのだと私は感じました。


恥を知ってほしい政治家、たくさんいます。
今政権を争っている人たちはみんなおかしいと思います。
そんな暇があったら現地にとんで私財を投げ出して国民のために活躍してください。

あなたたちはいつも言っている。
国民のため  でしょ?







そうそう058.gif


締め切りが今日までです。子どもに「年20ミリシーベルト」を強要する日本政府の非人道的な決定に抗議し、撤回を要求する 署名先→

http://ow.ly/4KdJS047.gif

微力な私たちは でも無力ではありません。
みんなで心を合わせれば大丈夫。066.gif066.gif066.gif053.gif053.gif
by jiro_saty | 2011-04-30 17:51 | みっちゃんのツイート

被災動物に思うこと

HASのホームページに被災犬の里親募集を掲載してから毎日のように問い合わせの電話やメールを頂いている。 

私も毎日被災地の動物を思うと心が痛い。 犬も猫も豚も牛も馬も鳥も。。。。

でもいざレスキューされた子たちを飼育するとこれはもう想像を絶する恐怖を体験していて尋常な犬の状態ではないのが当たり前である。 だからそんなに簡単に かわいそうな犬に何かをしたい ということはできないのだと思うのだ。

実際日常で毎日愛護センターで殺処分されいてる子がいるのだ。

私がいつも心にとどめているのはカメラマンの児玉さんの写真集、「動物たちのレクイエム」の中の処分される子たちの瞳である。 最後まで自分を捨てた飼い主を待っているかのような犬の瞳に毎日胸を熱くしている。



あの被災地のかわいそうな子を救ってやりたい 、かわいそうな子たちに何かしてやりたい。

みなさん そう口々にいわれるけれど どうかよく確認してみてください。
もしかしたら かわいそうな子を救う自分に酔っているのではないですか?

彼らは消して自分たちをかわいそうだとは思っていない。

必要なのは哀れみではないのです。

普通に家族の一員として迎えようとする強くて温かい愛情が家族にあること。

それがあって初めて彼らの心の深い傷を抱きしめて時間をかけて理解できる日がくるのだと。



そしてもしご希望の被災動物がご自分の環境に合わないのなら 他にも行き場のない子達も同じように日々居場所を求めているjことをご理解ください。


一時の感情で何かをしても長続きしないこと もしあなたが途中放棄してしまったら彼らは2度居場所を失うのだということを十分心に刻んでほしいと思います。


ちょっと厳しいけど

本気でそう思います。
a0020246_225495.jpg

by jiro_saty | 2011-04-26 22:06 | みっちゃんのツイート

達者でナ 

達 者 で ナ

作詩 橫井 弘  作曲 中野忠晴
昭和35年 
1 藁にまみれてよ 育てた栗毛
  今日は買われてヨー 町へ行く
  オーラオーラ 達者でな 
  アーラオーラ 風邪ひくな(あー風邪ひくな)
  話すたずなが ふるえ ふるえるぜ


2 俺が泣く時ぁよ おまえも啼いて
  共に走ったヨー 丘の道
  オーラオーラ 達者でな
  オーラオーラ 忘れるな(あー忘れるな)
  月の河原を 想い 想い出を


3 町のお人はよ よい人だろが
  変わる暮らしがヨー 気にかかる
  オーラオーラ 達者でな
  オーラオーラ また会うな(あーまた会うな)
  可愛いたてがみ 撫でて 撫でてやろ


福島原発の立ち入り禁止区域で相当数の家畜が餓死あるいは餓死寸前であることがわかったという(なんでいまさら。。。 こんなに遅くに。。。。) やせ細ってなきながらよってくる彼らにせめて安楽死を望んだが被爆の危険があるという区域のためそれもままならないそうだ。

(いっそ東電のお偉いさんに出向いてもらえば?)






毎日毎日 暗い気持ちになるけど私たちは今こそ東京電力をしっかり見極める必要があるのだ。
しかたがないから原子力だったのかもしれない私たちの怠慢こそ反省すべき原点では?

あんな人間の温かみのかけらも感じられない集団に命を預けていたなんて

しかし東電の人たち みんな同じ顔に見えるのは WATASIDAKE??





ふたたび篤姫日記より



■2011/04/19 (火) 子どもが年間20ミリシーベルトって? 1
ミリシーベルトとか マイクロシーベルトとか 何回聞いても混乱するのは私だけではないでしょう。

表記も覚えられない。

下記は そのあたりを詳しく書いてくれている方のブログです。

これを読むと 学校の校庭で遊ばせるのがいかに危険か 解りやすいでしょう。

☆☆☆

http://karinnkarin.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/20-f8b3.html

子どもが年間20ミリシーベルトって?

読売新聞によると、文部科学省は、校庭など、幼稚園や学校の屋外で子供が活動する際の放射線量の基準を福島県に示す方針を固めた。

この基準によれば、児童生徒の年間被曝許容量を20ミリシーベルト(2万マイクロ・シーベルト)としている。

20ミリシーベルトといえば、原発労働者の年間の許容被曝量。この数値に驚愕した人も多いのではないだろうか。

手もとに、一つの資料がある。
原発被曝労災が明らかになった人の被曝線量だ。

実名で公表されているので紹介したい。

□嶋橋 伸之
1993年5月、静岡県労働基準局磐田署に労災申請。
実名での最初の認定。(認定2件目)。
中部電力浜岡原発勤務、計測装置点検作業。81年3月から89年12月まで8年10ヶ月勤務して、50.63ミリシーベルト被曝。
慢性骨髄性白血病により91年10月20日死亡。29才。94年7月労災支給。

□大内 久
1999年9月30日、JCO東海事業所臨界事故。
16〜20シーベルト(16,000〜20,000ミリシーベルト)被曝。35歳。死亡。

□篠原 理人
同上。6〜10シーベルト被曝。39歳。死亡。

□横山 豊
同上。1〜4.5シーベルト被曝。54歳。生存。
JCO東海事業所臨界事故で水抜きの突撃隊が作られたが、当時、「針が振り切れた」というのは100ミリーシーベルトを超えたことをさした。

□長尾 光明
2003年1月、福島県富岡署に労災申請
福島第一、浜岡原発、ふげんで被曝労働。
77年10月から82年1月まで4年3ヶ月従事。70ミリシーベルト被曝。
多発性骨髄腫。2004年1月労災支給。
すべての情報開示と完全な補償を求め雇用主の石川島プラントや東電に話し合いを申し入れたが拒否され、04年10月7日、「原子力損害の賠償に関する法律」に基づき4400万円の損害賠償を求める裁判を東京地裁に提訴。
2007年12月死亡。82歳。2010年 2月、最高裁上告棄却。敗訴確定。

次へ続く


2011/04/19 (火) 子どもが年間20ミリシーベルトって? 2
□喜友名 正(きゆな ただし)
淀川労働基準監督署に労災申請。
泊、敦賀原発など全国7ヶ所の原発で97年9月から6年4ヶ月間、非破壊検査に従事。99.76ミリシーベルト被曝。
悪性リンパ腫により2005年3月死亡。53歳。
2005年10月、遺族は労災を申請。2006年9月却下。2007年、不服申し立てにより厚生労働省で「りん伺」(上級官庁に伺いを立てる)決定。 2008年10月労災認定。

一度に大量の被曝をしない限り急性障害は現れない。しかし、この資料によれば、累計50〜70ミリシーベルトで、何年か経ってから障害が現れているのだ。被曝労働者も、おおむね50ミリシーベルトを超えたあたりから体調が悪くなると言われている。

子どもに年間許容被曝量が20ミリシーベルトという基準は、考えられない。この数字にワタシ達大人が向き合い、一歩を踏み出さなければ。

☆☆☆

放射線を大量に浴びて 若くして亡くなっている作業員の方がたくさんいます。

こうして 労災に認定されている人はその中の僅かな人だけです。

あとは 日雇いなどで 認定もされず 裁判に訴えても相手にされません。

それは 東電が巨大な企業で この国のトップに君臨しているからです。

役人の天下りも しばらく禁止になっただけなので すぐにまた天下ることでしょう。

東電を敵に回すことはどんな企業にも出来ないのです。

ですから 東電にとって都合のいい数字が 年間許容量になるのです。

子供達は胸に検査機もつけないで学校に行くしかないし 病気になっても因果関係はまず立証できないでしょう。

チェルノブイリでもそうでした。放射能の場合目に見えないのと 長期間かけて病気になるので それが東電の起こした事故のせいだという証拠を集めることが不可能なのです。

年間許容量が定められれば 国はそれに従うので 人間を移動させる必要もないのです。

福島の原発から20キロ以内の人でさえも避難させることが出来ないでいるのに 東京のような大都市の避難を国が勧めることはあり得ないのです。

こうしているうちに どんどん子供たちが被ばくしてしまいます。

一年間で20ミリシーベルトを三年間浴び続けると 白血病になり その治療でまたしても 抗がん剤やレントゲン CTなどで 放射能を浴び続けるのです。

これは書きたくないことだけど 全部真実なのです。


■2011/04/18 (月) 福島1~3号機核燃料、保安院「溶融」と初見解
原発事故の起きた日に 保安院の記者会見はカツラの疑いのある西山審議官ではない人が行っていました。

その審議官は初めから「溶融している」と発言してしまったため すぐに更迭されてしまいました。

そのあと このカツラ偽装している西山審議官がずっとにやにやしながら会見していたので 見るとイライラしていたのは私だけでしょうか。

それが とうとう 本当のことを発言したようですが 「溶融」とはこれからどうなるかを一向に発表しませんから 知識の無い人には 発言しようがしまいが意味が有りません。

いつ大爆発をしてもおかしくないのが 炉心溶融です。いよいよなのか。

私が今日見た 菊池さんという原子炉の設計をした元GEの社員の告発映像で驚いたのは もし長岡原発で地震が起きたらその被害は 福島原発の事故が線香花火にしか見えなくなる規模だろうという発言でした。

こんなに恐ろしい可能性がある原発を55か所も作ってしまって 事故を見ても止めることさえ出来ないのですから 地震国日本に住むということは リスクが多すぎて考えることが出来ない脳みそ状態です。

菊池さんは 命を賭けて作った原発の危険性に気付いて 家族とも別れて暮らしてこのことを東電に掛け合っているのですが 聞く耳がないそうです。

原発の事故のおかげでたくさんの人がその映像を見ていますが それでもどうすることも出来ないようです。

☆☆☆

経産省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は18日の記者会見で、1~3号機の核燃料が「溶融していると思われる」と述べ、内閣府の原子力安全委員会に報告したことを明らかにした。

 保安院はこれまで、核燃料の損傷が3%以上としてきたが、「溶融」との見解を出したのは初めて。

 保安院は炉心の壊れ具合によって3段階に定義されると報告。「炉心損傷」は、焼き固めた燃料(ペレット)を覆う金属の被覆管が壊れているが、燃料体の形は崩れていない状態。ペレットの一部が溶けだしている状態を「燃料ペレットの溶融」、溶けた燃料が下に落ちていくのを「メルトダウン(炉心溶融)」とした。

 その上で、「ペレットが溶融している」とした理由について、2、3号機は「ペレットが溶融して生じる放射性物質が高濃度の検出された」ことを、1号機は「水素爆発に至った」ことを挙げた。

(2011年4月18日22時47分 読売新聞)
by jiro_saty | 2011-04-19 17:16 | みっちゃんのツイート

ふんばろう東日本支援プロジェクト

篤姫日記から転載です。



2011/04/17 (日) ふんばろう東日本支援プロジェクト
被災者のために募金をしたいと思っている方。
赤十字やTV局などに送っても なかなか被災者には届きません。
そういうシステムなのです。

市町村の募金のシステムも市から送られてくる報告書をよく読むと 募金の大半が募金窓口の人件費に使われていることが解るはず。

募金とはそういうものなのです。

昨日小野沢医師の話を読んで頂いて解るように 行政ではこういう予想不可能な被害に対処する方法を取ることは出来ません。

全てがマニュアルで管理され 書類を全てクリアした案件しか対応しないように仕組まれています。それに疑問を持つ人は組織から外されます。

今回ミクシィに載った記事は新しい方法として注目してみたいと思います。

☆☆☆


http://fumbaro.org/


東日本大震災の被災地で足りない物を、行政を介さずに直接被災地に送る「ふんばろう東日本支援プロジェクト」が広がりを見せている。

ネットを通じて物資の支援を呼びかけ、現地の受け入れ担当者へ送ってもらう。同プロジェクト代表で早稲田大大学院講師の西條剛央さん(36)は「現地の前方支援と全国の後方支援を連携させ、必要なところに必要な分だけ無料で届ける画期的なシステム」と話す。

西條さんは4月上旬、知人とともに津波で壊滅的な被害を受けた宮城県南三陸町を訪ねた。大人には酒や女性用の化粧水など生活の質を高めるもの、子どもにはおもちゃや雑貨などが喜ばれた。一方、物資が大きな避難所で余っているのに、小さな避難所まで行き渡っていない現実を目の当たりにしたという。

その時、南三陸町で被災した鮮魚店経営、三浦保志さん(56)と出会い、現地の窓口になってもらってプロジェクトが始まった。

支援は(1)町内の避難所を回る三浦さんから「今、何がどれくらい必要か」というニーズを聞く(2)西條さんがブログやツイッターを通じてその物資の支援を呼びかけ、応じた人から直接宅配便で三浦さんのもとに送ってもらう(3)三浦さんやボランティアらが、トラックで町内を回り、配る--という流れ。

現在、お菓子やサンダル、生理用品など不足がちだったものが多種多様に届く。三浦さんは、「感謝の一言。町民が自立した生活ができる基盤としていきたい」と語った。
by jiro_saty | 2011-04-17 18:57 | みっちゃんのツイート

100億と3000万円

ソフトバンクの孫氏が震災のために100億 そして役員報酬も寄付にあてる と言われているそうである。
こんなときにも3000万円クルーズにでかける日本人のセレブがいるというのであるが。。。。

海外から日本人の礼儀正しさ、冷静さなどについて評価されていたけれどいざ寄付ということになるとどうなのだろう。 私たちには計り知れないほどの財産を持っている日本人がたくさんいると聞いている。 彼らは進んで寄付を申し出ているのか。 どこぞの政治家はハワイに逃げているそうだがどの面を下げて帰国するのだろう。。。

海外から多くの暖かい寄付が寄せられている。 小学生がみんなで集めた寄付もある。 
当の日本人が自ら寄付を申し出てもっともっと急いで現地にお金を届けるべき。 赤十字さん そうではないですかね? 

現場がどんなか 知らなくても想像してみれば痛みは感じるものではないのか。


じれったい毎日が続いている。
a0020246_0594448.jpg

by jiro_saty | 2011-04-07 01:00 | みっちゃんのツイート

追悼 エリザベステーラー

a0020246_05964.jpg

a0020246_058224.jpg

a0020246_0583772.jpg

a0020246_0584381.jpg


a0020246_059193.jpg



つい先日 ほんもののリズが亡くなった。。。

あまり人になれなかったけれど グリーンの瞳が美しい本当に美猫でした。
a0020246_0582890.jpg







ありがとう。 リズちゃん 

フォトBY Yoko
by jiro_saty | 2011-04-05 01:04 | メモリアル

ママのこと

もともと本当に我儘で頑固だった母が最近かなりおかしい。。。。

ひどく怒りっぽく御近所、新聞の配達所、銀行、旅行会社、親戚、友人、ありとあらゆる人に苛苛し、感情をむき出しにする。被害妄想が日々強くなり子供帰りのようになる。。。。

痴呆ではなく老人性精神病の疑いもありかもしれない。。。

とても毎日相手をするのが疲れる。

ママの願望をすぐにかなえないと怒りだすのだ。


疲れる


だから

最近は白衣を着て 精神病棟の看護婦か医者のつもりで割り切ることにしている。

これがいつまでできるか わからないけど。。。
a0020246_3411447.jpg


美智子 ほどほどで いけよ~~~003.gif071.gif
by jiro_saty | 2011-04-04 03:42 | ママ