<   2010年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

追悼 愛ちゃん

10月28日午前1時半、アイちゃんは私たちを残して逝ってしまいました

やっと暑さが収まってお散歩できるようになったのに、アイちゃんは以前の健脚
に戻れませんでした

夏に数回起こしたてんかん発作で後ろ脚がちょっと弱っていました

それでも外が大好きでしょっちゅう玄関へ行っては散歩をせがむので、沢山歩け
ば良くなると期待していました

でも10メートル行っては立ち止まりジーっと眺めている…の繰り返しで一時間
出ていても距離は以前の半分以下でした

10月1日には兄のセルフビルドログの手伝いに、アイも3日間のキャンプに行
きました

八ヶ岳の精気あふれる草木の匂いにアイはくんくんキョロキョロ。
編笠山の登山口である標高1570メートルの駐車場に降りて山道に入ってみると、
アイは嘘のようにしっかりした歩みで、自分から道を探して石ころ段差の登山道
を飛び歩きました。
もっと元気になったらきっとアイを山登りに連れて行こうと誓い、30分ほどで
そこを切り上げました。夜は私のテントで一緒にぐっすり

でも相当疲れたのでしょう、帰って2日ほどは寝てばかりでした

その後あの激しい徘徊が始まりました

夜昼かまわず、ずっと家中を走り回って寝ない、食べない。ストレスかと真夜中
でも外に連れ出したのですが、疲れ果てて寝ても一時間と睡眠が続かない

その興奮状態が5日目になって、このままでは死ぬ、と病院に行きました

食べていないので点滴を、くるくる右旋回するのでフェノバールとステロイドの
注射

前庭障害なら薬で治るとのこと。毎日通院して お医者さんも手を尽くしてくれま
したが 容態は快方に向かわず アイちゃんは力尽きました

たくさんの注射や薬 どんどん動かなくなっていく体にアイは動揺し辛かっただろ
うと思います

もう立ち上がることができなくなった27日 アイは深い眠りを選びました。

ぐったりしたアイを日差しのあるベランダに布団ごと出して寝かせると、また立
ち上がろうともがき、けいれんを起こしました

アイの目には涙が流れていました

もう死んじゃう、と夫に泣いて電話していたらアイは意識を戻して、シリンジで
の強制給餌で水とad缶を受け入れてくれました

アイは私を喜ばせようとして最後の食事を頑張って飲み込んでくれたのだと思い
ます

その後はもう自分で体を動かすこともなく、朦朧とした目に涙を浮かべながら、
辛い体と立派に闘い続けました

夕方に夫が帰ってからアイの呼吸はだんだん荒くなり、けいれんを断続的に繰り
返していきました

意識がなくなってもなお8時間近く 心臓が止まるまでアイは勇敢に生を全うしま
した

すべてを甘受して逃げず 健気に命のしきたりに従う。四の五の言わない純粋な生
き様は 真実そのものでした

可愛いかわいい顔、体、艶々しっとりした毛並みに顔を埋めて 思う存分泣きまし
た ありがとうって

アイは間違いなく私を救ってくれた天使です

お寺で火葬供養してもらって
「きれいに全身の骨が残っているのは珍しい 丈夫な骨質は若い頃に栄養が行き届
いていたから」
「きっと可愛がられて育ったのでしょう」
「もし虐待などがあったらこんなに綺麗な頭蓋骨は残りません」
と 嬉しい言葉をいただきました

全身の骨を壺に詰めて がらんとしてしまった我が家に帰ってきました

アイちゃんは勇気をくれました 命は希望と同義なのだと教えてくれました

たった7ヶ月しか居てくれなかったけど アイは永遠の絆を残してくれた

川村さんにはあまり薬物療法に頼らないように言われ 私もそう思っていました
でも夏に繰り返したてんかん様発作から私たちは病院通いを断つことはできませ
んでした

腎臓の経過も心配でした、結果的に10月に腎臓は正常値に戻っていました

もっと良い医者を と私たちは五軒の医者を渡り歩きました

最後に出会ったお医者は歩いて行けるほど近くの開業医。真夜中でもいつでも電
話して と携帯番号をくださり たくさん議論を交わして 納得した治療をしていた
だきました

火葬をしてくれた方が骨を見て
「15歳以上に思えます」と言っていました

私たちはアイが可愛いくて可愛いくて「赤ちゃん?と良く訊かれるんです、ほら
毛もこんなにふさふさフワフワで、山で過酷な経験したからダメージが深いんで
す」と、10歳以上との見立ては認めたくなかった

でも沢山の骨を見てきた火葬師の方が15歳と言うなら…寿命だったのかもしれ
ません

ほんとうに赤ちゃんのように愛らしい目で、品のある美人さんで、気丈な子でし


そして川村さんの言った通り お尻のきれいな子でした

あんなに体がぐずぐずになってもアイは一度も家で粗相をしませんでした

心臓が止まったその時 アイのお尻からおしっこがつーっと流れました

温かくて懐かしい匂いの液体。アイちゃんの命の証拠。我慢してたんだね、我慢
しなくたって良かったのに。

動くことを止めた体なのにおしっこは流れて動いて出てくる…アイちゃんの命の
余韻を授けていただいたようで…手のひらで受け、その温かさを匂いをしっかり
記憶に留めたくて顔を埋めました

川村さん HASの皆さんには大変お世話になりました
アイを応援してくださった皆様の愛を抱えて アイちゃんは自由に走り回れる天上
へ旅立ったと思います

どうぞ「アイちゃん!」と一言声をかけてやってください

ご厚情に深く感謝いたします
a0020246_11472659.jpg

a0020246_1148625.jpg


皆さんにアイが立派に生き切ったこと 知っていただければ 幸いです
元の飼い主さんも事情があって飼えなくなったか
または山ではぐれた事故だったか

うちに来てからも 行き会う人全員に興味を示して寄って行った
駅前の向かいの道からは いつも帰宅する人たちの列と車の往来をずーっと眺めて
いた
散歩中に家の入り口があると どこの家でも入ろうとした
アイちゃんは元の飼い主を探していたんだと思います
もし元の飼い主さんが生きているなら アイの美しい最期をお知らせしたいです
こんなに素直に気高い子に育て上げあげくれてありがとう

私たちに素敵な宝石をバトンタッチしてくださって ありがとう て。


愛ちゃん保護当時はここで見れます^^


愛ちゃん 保護当時



そして最後にHASのりえちゃんから

愛ちゃん…本当に本当に最後まで愛されていましたね
Yさんのメール私も愛でいっぱいに満たされました
ご冥福をお祈り致します。

たくさんの動物が最後までこんな風に愛されて最後を迎えられたらいいのにと、改めて思いました。
by jiro_saty | 2010-10-30 11:50 |  メモリアル

縞模様のパジャマの少年

昨夜見た映画

縞模様のパジャマの少年

http://www.movies.co.jp/pyjamas/


8歳のドイツ少年のブルーグレーの瞳が目に焼きついた。 素晴らしい映画だった。


強制収容所のガス室と現代の動物愛護センターを引き合いに出すことがあるけれど
愛護センターの人がドリームボックス(殺処分器)のボタンを押すのがつらい という話をされていたのを思い出した。 命を奪う という罪の重さは未来永劫変わらない。。。。。 相手が植物でも動物でも もちろん人間も。。。
a0020246_15265431.jpg

by jiro_saty | 2010-10-28 15:27 | みっちゃんのツイート

主人夫妻守り水死、危機察知し飼い主導く…台風災害の台湾の忠犬たち

【台北=山本勲】台風8号により50年ぶりの大災害に見舞われた台湾で、飼い主を洪水から守ろうとして犠牲となった忠犬の話がメディアに紹介され、市民を感動させている。
 
台湾紙「聯合報(21日付)」は体の不自由な飼い主夫婦を押し寄せる洪水から守ろうとして道連れになったハスキー犬たちの話を中面トップで報じた。
 台南県大内郷で、水害のため張漢勲(59)さん夫婦が行方不明となった。2人を捜索していた陸軍救助隊は、張さんの果樹園付近で吠え続ける1匹のハスキー犬を発見。あたりを調べると、30メートル離れた草むらから張さんと5匹のハスキー犬、1匹のラブラドール犬が遺体で見つかった。
 犬はいずれも、張さんを輪になって囲むように横たわっていた。怒涛のように押し寄せる洪水を前に、犬たちは体が不自由な張さんを守ろうとしたのではないか、と救助隊はみている。夫人の邱梅冠さんはもう1匹の犬と寄り添うように亡くなっている姿で発見された。
 張さん夫婦は洪水の氾濫前、救命ボートに乗るのを拒んだという。人命最優先で救助隊が犬を後に回すよう求めたためだ。夫婦はすべての飼い犬と後のボートに乗ろうとしたが間に合わなかった。唯一生き残った犬が飼い主と仲間の亡きがらを守り、その場所を知らせる役割を果たした。
 

心温まるドラマもあった。村全体が土石流に飲み込まれた高雄県甲仙郷小林村では、2匹の子犬が危機を事前に察知し、飼い主と40数人の村人を安全な高地に導いた。救助隊は飼い主の李錦栄さんに犬をヘリコプターに乗せないよう指示したが、李さんは人を乗せ終えた最後のヘリで犬と一緒に避難。愛犬ともども助かったという。

産経ニュースより
by jiro_saty | 2010-10-25 16:41 | みっちゃんのツイート

わるいやつらの方が本当は少ないのだぞ

毎月フードを送ってくれる愛知県のAKIさん
もう一年以上続いています。
猫のフード 犬のフード そして犬の年齢に合わせたオヤツ^^
小さな段ボールが届くたびに彼女の意志の強さを思います。

HASへのご寄付を毎月紹介しています。056.gif056.gifミチル基金





それからそれから
たとえば このサイトをダウンロードしていつもバックに入れておくとか058.gif

ペットショップに行く前に




それとか
熊本県の 殺処分ゼロを目指して というのを見てみるとか




http://www.youtube.com/watch?v=zls58-waNKM&feature=related

http://www.youtube.com/watch?v=JG-l_nTV_vY&feature=related053.gif


まだまだ身近に沢山活動の場があるんだってこと

忘れてはいけないですよね

昨日のブログで紹介した狂った人たちにコメントが500近くありましたよね。
みんな怒っている。
日本人はまだまだ怒れる民族なんだって安心しました。

めげないで

笑っていこうぜ~~~016.gif016.gif
by jiro_saty | 2010-10-19 11:29 | みっちゃんのツイート

海に行くからって家族で愛護センターかい????

さてみなさん
世の中には海に行くからといって猫を家族で愛護センターに持ち込む方もおいでのようで


http://www.youtube.com/watch?v=E-JTuZ3b8Yg&feature=related



しかし呆れた実態ですぞ。
この親 自分が遊びたいんだし

優しい気持ちがめばえたって??????

受け取る行政って おかしくないか??
by jiro_saty | 2010-10-18 17:26 | みっちゃんのツイート

クマも殺さず、人もケガしないための正しいクマ対応


<クマ>ゴルフ場に現れ、猟友会が射殺 石川・加賀
毎日新聞 10月16日(土)13時47分配信
 16日午前11時ごろ、石川県加賀市小坂町の山代ゴルフ倶楽部(くらぶ)で、コース内の木に登っている子グマ(体長約60センチ)をキャディーが発見した。倶楽部から連絡を受けた地元の猟友会メンバーが駆けつけ、子グマを射殺した。

 当時はゴルフ場全体で約180人がプレー中で、近くの客がプレーを一時中断したが、けが人はなかった。【松井豊】


(あほか ゴルフ中断して待ってあげるのがほんとのジェントルマンですぜ)


クマも殺さず、人もケガしないための正しいクマ対応
2010-10-15 (金)クマ保護活動 | 本部
今年、クマによる人身事故が相次いでおり、ケガされた方にも、殺されたクマにも、本当に胸が痛みます。
テレビニュースを見ていて思うのは、人間側の誤ったクマ対応が、
クマの人身事故を引き起こしているということです。

クマは、見かけと正反対で、実は、とてもこわがりで臆病な動物です。
大変平和的な動物で、人間を襲う習性はありません。
しかし、逃げ場を失ったと感じると、逃げようとして、恐怖のあまりパニックを起こします。
このような性質を知っておれば、おのずと正しい対応は、おわかりいただけるとおもいます。

最近、建物の中に逃げ込んで殺されるクマが続出しています。
なぜ、ガラスを割ってまで、クマは建物の中に飛び込むのでしょうか。
以下は、毎日新聞からの抜粋です。
14日朝、山形県長井市の市立長井北中に侵入したツキノワグマはグラウンドから校舎に向かって走ってきた。
猟友会によると、クマは体長148センチ、体重110キロで7歳の雄。クマの生態に詳しい独立行政法人・
森林総合研究所東北支所(盛岡市)の大西尚樹主任研究員は
「クマは隠れるように行動する習性があり、グラウンドを走るのは異常。何らかの理由でパニック状態になった
クマが狭い所に隠れようと校舎に入ったのではないか」とみる。 以上。


最後、建物に閉じ込められたクマが、猟友会のみなさんの方に向かってきたのは、
猟友会の方々を襲うためではなく、
なんとしても逃げたかったからです。
3方をふさがれたクマに、他にどんな方法があったというのでしょうか。
自分がクマだったらと、
相手の立場に立って考えてみれば、わかることばかりです。


クマを見かけたら、人々は家などの中に入って、クマが立ち去るのをそっと待ってください。
海外では、そうするそうです。
驚かせると、こわがりのクマは、パニックを起こして、逃げながら人身事故を続発させていきます。

猟友会やマスコミの皆さんが、クマを追い掛け回すのは、人身事故を誘発していることです。
こわがりのクマを刺激しないこと。驚かさないこと。
人は、静かにゆっくり動いて、クマから離れること。
人間側が注意すれば、ほとんどの人身事故は防げます。

http://kumamori.org/news/  くまもりニュースさんから転載
by jiro_saty | 2010-10-16 16:06 | みっちゃんのツイート

まったり秋ですね^^

a0020246_15242617.jpg

a0020246_15241625.jpg


a0020246_1524985.jpg

a0020246_15242226.jpg

by jiro_saty | 2010-10-16 15:25 | みっちゃんちの猫たち

頑張れ地方自治!!!!!

<犬猫>収容環境、自治体で差
毎日新聞 10月5日(火)7時45分配信
 自治体の収容施設に引き取られた犬猫の譲渡を増やし、殺処分を減らそうとの取り組みが官民で進む。しかし、現行の動物愛護管理法は犬猫の収容環境のあり方について明記しておらず、自治体ごとの取り組みに差が生じている。劣悪な環境の施設にいると犬猫の体調などに影響して譲渡先が見つかりにくくなるとの指摘もあり、収容施設に基準を設けるかどうかも法改正のポイントになりそうだ。

 「里親募集中」の目印がついた犬たちの周りに人だかりができた。9月26日、東京都渋谷区で開かれたイベント「ONE LOVE WALK in TOKYO」。収容施設から犬を譲り受けて里親探しをする動物保護団体が活動への理解を呼びかけた。5200人が会場を訪れ、関心の高さをうかがわせた。

 「ビビアン」(雑種、メス、推定4歳)も、殺処分を逃れた1匹だ。「ドッグシェルター」(世田谷区)の里見潤代表が都動物愛護相談センターから譲り受けた。施設の環境が良かったこともあっておとなしくて元気。「悪い環境で過ごして心身に影響が出ていたら、救い出せなかった」。里見代表は施設の環境の重要性を強調した。

      *

 動物愛護管理法は、自治体が飼い主などから犬猫の引き取りを求められたときには応じなければならないと定めている。しかし、収容施設のスペースや空調設備の有無などはまちまちだ。全国の施設を調査している「地球生物会議」(文京区)の野上ふさ子代表は「動物行政は自治体の取り組み方で大きな差が出る。殺処分を目的とした収容をしているところも多い」と指摘する。

 地球生物会議の調べによると、健康な状態で譲渡されるように冷暖房を設置したり、運動のための庭を用意したりする自治体がある一方、鳴き声やにおいが外に漏れないように密閉施設に閉じこめているところもある。また、収容期間を延長したり、収容中の犬猫の情報をインターネットで公開する動きも広がっているが、いまだに何もせずに殺処分する自治体も少なくない。

 野上代表は「一部の自治体は『殺処分場』から『一時保護施設』へ転換しつつあり、里親探しを担う民間団体との連携も進んでいる。こうした取り組みを全国一律に広げるためには、法的な運営基準が必要だ」と訴える。

 一方、収容施設の職員はジレンマを抱える。ある施設の職員は「環境が良くなれば、安易に持ち込む飼い主がさらに増えないとも限らない。そうなれば、結果的に収容数は増え、エサ代も人件費も足りなくなる」とため息を漏らす。

 環境省動物愛護管理室の西純一郎室長補佐は「自治体の収容施設のあり方は制度の見直しのなかで検討することになるだろう」と話している。【水戸健一】

 ◇殺処分率は減少傾向に

 自治体の収容施設が引き取る犬猫数、その殺処分率はともに減少傾向にある。

 環境省によると、動物愛護管理法が施行された直後の74年度、引き取り数は犬が118万7000匹、猫が6万3000匹、殺処分率は97.7%だった。増減を繰り返す猫に対して犬は著しく減っており、01年度に引き取り数が逆転。08年度の引き取り数は犬が11万3000匹、猫が20万2000匹、殺処分率は87.7%になった。

 一方、収容施設に引き取られる猫の74.8%(08年度)が離乳前の子猫。飼い主がいなかったり外で飼われる猫が産んだ子どもがほとんどで、数があまりに多く、健康状態がよくないために殺処分される。環境省は「不妊去勢せずに外で飼うことや野良猫にエサを与えることが殺処分される猫を増やしている」と注意する。
by jiro_saty | 2010-10-11 16:32 | みっちゃんのツイート

ペットショップは楽しいか? 癒しの場なのか?

時々ペットショップで可愛い動物を見るのが楽しい という話を聞いたりします。
そうでしょうか? 本当にそれは癒しになりますか?


綺麗な店先に並ぶ小さな子たちは生後まもなく母犬 母猫から離され小さい子を好む日本人の為に
売りにだされています。 買う方も小さい子 そしてブームの子を求めるのでそこでは動物に優しくない
商売が簡単に成り立ってしまいます。
売るほうはきちんとしたブリーダーとしての知識も無く誰でも繁殖できる日本の法律を上手に使って
命をただの金儲けの手段としてしか考えていない人たちの手で「不衛生な環境」のなかどんどん生まされてしまいます。
一生のうちに何回ときちんと回数を決めていない日本は適当 という仕分けで動物の繁殖を管理しています。
ドイツ イギリス などは一年に何回 と具体的に指定していると言うのに。

ペットショップそして繁殖業を営むためには日本では動物取り扱い主任という資格(のようなもの)が必要です。
それはたった一日研修を受けただけで誰でもいただけてしまうので本当にいとも簡単にペットショップを運営できるシステムなのが日本の現状です。 動物についての知識をたった一日で学べるのか? はなはだ疑問であります。 私も講習を受けてみましたがただ形式的に行っている役所の言い訳? としか取れませんでした。 そしてそんなに簡単に営業を許しておきながら日本はその無謀な人間たちの行為を取り締まる法律さえ完備していません。 一年にいったい何回まで生ませるのが妥当か 知識の無い人間に 「適当」というまるでモラルを期待したような表現をする意図が理解不能であります。 (だれがこの法律をつくったのかいな) 

「不衛生な環境というのは時々報道され問題になっている異常な繁殖小屋のことで それこそ他の先進国から見たらあまりにずさんな日本の有様でしょう。。。 狭いケージに何匹も押し込まれ水も餌も満足に与えられられることなく生涯繁殖だけのものとして扱われ死んでいく。 散歩も愛情もそして命の尊厳のない一生、、、今やインターネットでも航空便を使って動物を搬送し商売をしている始末であります。 虐待として指摘されても間違いの無いそれを許しているのは他でもない ペットショップを優しい店だと信じている消費者の私たちなのです。東京都をはじめ各地方自治体、警察、その責任もさることながらその商売を成り立たせている私たち消費者の罪はどれだけ深く重いことでしょうか。

動物を家族に迎えるのなら もう行き場の無い子達をどうか救ってやってください。そして可哀想だから飼ってあげるのではなく 今日本で起きている社会問題としてペット難民の子達を堂々と家族に迎えてやってほしいと切に願います。 動物に里親 という言葉を使うのか?とお叱りを受けたことがありますが今や日本は人間の子供の里親としてもけして心豊かな国ではありません。 
些細な事、些細な行き違いで相手を攻撃しあう暇があったら もう少し視野を広げて行きたいと思いませんか? そしてそれが本来の人間の癒しを生むのですから。

 と

今日はちょっと頑張って書いてみました。

先日私のいるグランブルーに見えたお客様で御近所の小学校の学校長が自ら学校に捨てられていた子猫をビニールに入れてゴミ箱に置いた という話を聞きました。  父兄たちが問い詰めると子供が騒ぐと煩いから というコメント。。。

あまりにずさんな教育現場の学校のコメントを数回聞いています。


おいおい私たち 大人

もっとがんばろうぜ~~



056.gif056.gif056.gif

いつもミチル基金
に協力を頂きありがとうございます
by jiro_saty | 2010-10-10 17:48 | みっちゃんのツイート

12歳の決意 殺される犬を救え

クリックしてみてください★ ホッとします^^




殺される犬を救え



米放送局ABC系列WSB-TVによると、この少年はジョージア州アトランタ在住で12歳のジェレル・キングくん。キングくんは以前から、人間に捨てられた動物が保護施設で殺処分されることを知らせるテレビCMを見ては、心を痛めていたという。CMを見るたびに泣きそうになったと、そのときの気持ちを語るキングくん。しかし彼は悲しむだけにとどまらず、自ら行動を起こすことにした。

ある日、CMを見た後に「動物たちを施設から救い出そうと思った」キングくんは、6月29日に非営利団体「Rells 4 Tails」を設立。自らが先頭に立って現実と向き合い、殺処分を待つ犬や猫を救うための行動を開始した。まずは自分のFacebookページを活用し、「動物虐待についてや、ペットを去勢することの重要性」などを周知。この行動への協力を求め、寄付も募った。

そして先日、彼の思いは一つの形になる。8月21日、キングくんはFacebookでカリフォルニア州カーン郡の施設にいる500匹以上の犬が「24時間以内に殺処分される予定」(キングくんのFacebookページより)を知ったそう。その数の多さに衝撃を受け、いても立ってもいられなくなった彼は両親に相談。そして、すでに2,200人を超えていたFacebookのフレンドに、この話と彼の思いをぶつけた。

するとわずかな時間のうちに「国境も超えて多くの励ましや寄付」が届いたという。さらには施設から救い出すという協力者も数人名乗りを上げ、実際にカーン郡の施設から6匹を引き取ることに成功。キングくんのもとに届けられる前に、協力者らにはしっかり獣医に行ってもらい、卵巣摘出や去勢手術、マイクロチップの埋め込みなどをする一方で、彼はこうした費用やアトランタへの空輸代を捻出するため寄付を募り続けた。

そしてキングくんは、必要とされる1,000ドル超(約8万3,000円)を何とか貯めると、ついに9月30日、6匹の犬を彼の待つアトランタへ空輸。このとき協力者の1人も一緒にアトランタを訪れ、キングくんと共に今回の救出を喜んだという。WSB-TVの取材にも喜びの声を語ったキングくんは、「うまく行けば、彼らが住める完璧な家を見つけられる」と、今後の里親探しにも前向きな見方を示している。

彼の活動も徐々に知られてきたようで、Facebookのほかに開設された「Rells 4 Tails」の公式サイトにも、彼への励ましや応援コメントが数多く寄せられている。活動開始から3か月あまり、少しずつ思いを実現し始めているキングくんに、今後一層の活躍と支援の輪が広がるように期待したい。
by jiro_saty | 2010-10-07 18:03 | みっちゃんのツイート