<   2010年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ジュジュ 改めジンの近況メールが届いています。

ご無沙汰しております。お元気ですか?ジンは相変わらず「食」への関心は強く
、テーブルの上の大トロと北海蛸を食べて、二度と私共の口には入る事はありま
せんでした。全部ジンの胃の中に収まりガッカリすると共にジンの体調が心配で
した。案の定、週間下痢症状でした。又又、私共の不注意でジンに辛い思いをさ
せてしまいました。最近は玄関を出ても、呼ぶと寄ってきます。でも、油断をし
ないように気をつけています。ジンの為に作った無農薬の菜やキャベツ等も収穫
でき、タップリと食べさせています。ジンから沢山の笑いと戸惑いを貰いながら
、楽しく過ごしています。ありがとうございます。


a0020246_2258244.jpg



みっちゃんちに最近やってきたジジ (ジつながりで^^)

a0020246_22591755.jpg

by jiro_saty | 2010-06-30 22:59 | レスキュー編

仲良しになった宿敵同志

a0020246_156547.jpg


a0020246_15163699.jpg

by jiro_saty | 2010-06-27 15:06 | みっちゃんちの猫たち

可愛い可愛いかい君

a0020246_16335481.jpg


a0020246_16343621.jpg


かい君はとても重たい

かい君はとても食いしん坊

かい君は後ろ足がもうあまりしっかり歩けないのでお散歩がうまく出来ない

抱き上げると ふーーん というような甘い声でため息をつく

それが とても

愛しい

どこかの誰かが途中で愛せなくなった小さな魂

もう少しで処分されるところだった命


今 こうして

我が家でいびきをかいてくれている


動物愛護は自己満足だ

野生保護の仕事とは違ってルールがまちまちである

自分が一番気になることを勝手にやるしかない

そしてそこに自分の正義を押し通してもまかり通ることはない

ただ
命は一つであること

尊重されるべきであること

それだけが真実だ

真実であっても世の中では軽んじられる
その現実を受け止めてけして自暴自棄にならず 淡々と続けること

出来たら一人ではなく仲間を見つけて。
セカンドオピニオンが得られる状況と聞けるニュートラルな自分を持ち続けること。

それが大きな賛同を呼び長続きすることが出来る自己満足の動物愛護の形だ。
by jiro_saty | 2010-06-23 16:45 | みっちゃんちの犬たち

幸せのかたち その1

a0020246_16241215.jpg


ジャックラッセルテリアのウィンクはコミニュケーション不全の男性に4歳まで飼われていました。 彼女の他にヤンチャなコーギー、お利口なボーダーコリー この2匹の男の子と一緒でした。 飼い主は人間の友達が出来ないので犬を通して公園で交流をしようと考えていたようです。でもアイニクそんな彼は人にだまされるばかりでちっとも愛されなかったのです。気がついたときには家を手放さなければならないくらいの借金を背負ってしまっていました。その頃には多分犬たちには十分な世話が出来ない状態であったと推測されます。
そしてこれ以上東京に住めない という彼のことを見ていて心配していた犬友達が力になり一番弱っていたウィンクを手放しました。 

ウィンクはHASのメンバーの沙希ちゃんの家に引き取られることになりました。 犬が初めてであるのにも関らず沙希ちゃんの家族は全員でウィンクを出迎えてくれました。 その時のウィンクには笑顔も無く痩せてそして憔悴しきっていました。 躾はきちんとしてある という犬友達のお話でしたが 待てや座れが出来ても
嬉しい、楽しい、愛してる がわからない淋しい女の子だったのです。

一旦心を閉ざしてしまった小さな命をもう一度愛して抱きしめてあげること。 それはそんなに容易なことではありません。 誰でも自分のことを見て尻尾を振ってくれることを望むでしょう。誰でも愛を与えてそれに答えて欲しいと望むでしょう。 まして犬と暮らすことが初めてであれば どんなに期待したことでしょう。

でもウィンクにはそれが出来なかった。 いつもどこか遠慮してそして距離を置いていた。ここにいていいの? 私を本当に愛してくれるの? もう怒鳴られない? もうぶたれない?

そんなことを必死で聞いていたのかもしれません。

a0020246_16231245.jpg


ウィンクはちょっとずつ ちょっずつ 明るくなりました。

つい最近頂いたお母さんからのメールは、「ウィンクがやっと尻尾を振ってくれました~~」と本当に嬉しそうで愛情に溢れていました。



ウィンク

もうあなたはどこへも行かなくていいんだよ。
誰もあなたを苦しめない。

生まれてきて良かったね~^って抱きしめてくれる家族が 今そこにいるんだからね。


a0020246_16234021.jpg

by jiro_saty | 2010-06-19 16:15 | レスキュー編

感性の違いについて

毎年これからは外につながれいてる犬たちが心配で眠れない夜があったりする。

毛皮でこの炎天下 日陰もなく 冷たい綺麗な水もなく

飼い主に無視された犬たちはどんなに辛かろうと 私の体が痛い。

どうして相手の身になって理解することができないのだろう。

余裕がない
気持ちがない
そして感性がない
色々だと思う

でも
今そこに彼らが生きていて 苦しんでいることを

飼い主ではなく 周囲の人間が心配していることを信じて欲しい と

本当に思います。

他人の痛みがわからない

これが動物ではなくても

子供だったら

老人だったら

そして
言葉でうまく伝えられない人たちだったら

私たちはどうやって
その痛みを感じ共感したら いいんだろうか。。。


a0020246_18113981.jpg

by jiro_saty | 2010-06-17 18:11 | みっちゃんのツイート

希望の星

愛ちゃんは「希望」そのものです。死線をさ迷い、孤独の深淵を味わってなお 脅威的な回復力で「生きる」。それが自然の摂理だと 大きな黒い目が語るのです

a0020246_23574853.jpg



簡単なことでも時間がかかってしまう。
でも出来るようになったときは、時間がかかった分とてもうれしく思うし、あきらめないでよかったと思います(^ ^)


ペッツと生活して思ったことは、それぞれ自分のペースがあって、その子にあったやり方を見つけてあげれば、一歩一歩成長していけるんだなぁ~と思いました。

a0020246_005730.jpg


愛ちゃんも ペッツもそこの家族にとってはじめての体験であり家族として向かえてもらった子です。色々不安もあり困ったことや迷い そして期待もある毎日でしょう。 自分が思い描いていた犬との暮らしとは少しかけ離れいていたり期待通りにいかないことも沢山あるでしょう。
でも
この文章から感じられるのは絶望ではなく 明日への希望 未来への喜びに満ちています。

犬と暮らすって

ね??
素敵なこと です!!!!!!
by jiro_saty | 2010-06-16 00:04 | みっちゃんのツイート

拝啓 管直人総理

2年前に応援演説で東久留米のイトーヨーカドーに来られたとき 思い切って名詞を持って挨拶させて頂きました。 ごく普通の落ちついた市民 という感じでした。

動物のボランティア  川村さんね  と言って握手してくださいました。

反貧困ネットワークに共感しているということですが 市民運動を尊重してくださる姿勢 とても庶民的で(っていうかそれが普通だと思うけど)安心できます。

母ちゃんに小遣い 毎月1500万貰ったり
悪いことをしても平然と居直ったり  

そんな汚い悪役スターはもう沢山です。


超党派で考えよう  この危機的状況を党を超えて考えよう。
昨日表明演説で語られてました。

マザーテレサが 組織を持たない幸福 という言葉を残して居られます  「超党派 」 これはとても素晴らしいことだと思います。 この総理を喜んで迎えることなく早速各党首が批判をしていました。

人の話をきちんと聞けない お子様国会議員殿

表明演説の間 野次が飛んでほんとにアホラシカッタ。


いつになったら本気で日本のために

自分の保身や野心、そして意地やプライド 金を捨てて

みんなで 頑張ることができるのか?


小沢は本当に消えたの?
亀井も道ずれにして さっさとどっか温泉に沈んでおしまいなさいな。


なんて

さっきから思っていました。


さてさて

愛ちゃん 近況写真です^^  

a0020246_22342121.jpg


スッカリたくましくなって 本当に生き返ったみたいですね^^

愛ちゃんについては
http://jirosaty.exblog.jp/10011932/から読んでくださいね^^
by jiro_saty | 2010-06-11 22:38 | みっちゃんのツイート

ゴンタの終の棲家 決定しました。

ゴンタは先週の土曜日に新しい家族のお宅にお試しに泊まりに行き 昨日正式に決定の電話を頂きました。

a0020246_1822738.jpg

 俺 ちょっと 緊張してる~~025.gif025.gif



以下の手紙はみっちゃんが土曜日にゴンタにつけた取り扱い説明書です。




この度 Hさんにご縁を頂き 本当に感謝しています。
少し取り扱い説明書を書いてみましたのでご家族で確認してくださいませ。


☆3年前に富士山麓で車から放棄された可能性があります。
車を見ると追ったり 飛びついたりしますのでキズがつかないよう気をつけてください。(特にグレーの車に反応します)

☆2ヶ月くらいは脱走にくれぐれも注意してください。 (一番大事です) ゴンタにとっては終の棲家であると理解するのに時間がかかります。 ネームプレート、名札など2つくらいは常時つけてください。(脱走して不幸になるのだけは避けたいと思います) 3ヵ所以上をたらいまわしされていますので戻る家もなく本当に迷ってしまいます。

ゴンタの好きなこと 嫌いなこと を保護主のKさんに書いてもらいました。

ブラッシング、体を洗うこと、しつこくされること(特に子供からされると嫌がる様です)雷は怖いようですがパニックにはなりません。
好きなことは、一緒に遊ぶことボール拾い、格闘(私がグローブをつけて相手をすると何時までも遊びます)時々口の中に手が入ってしまって痛いときがありますが、その時は大きな声で痛いと言いますとゴン太はすまなそうにします)・・・私の勘違いではないと思っています。

一緒に遊ぶことが大好きな様です。
優しくするよりも少し乱暴に扱った方が好きな様です。


☆  みっちゃんから補足します。016.gif016.gif



大人になった犬を貰ってもらうのは細心の注意が必要です。
今回はネームプレートを首輪ともう一つ首輪が取れた場合も考え紐で結びつけて新たにもう一つつけてお渡ししました。どんなに説明しても 犬が逃げる というイメージは中々伝えにくいものです。 特に子犬から飼育した経験しかない方には 犬が本当に納得してそこを終の棲家と信じるまで2ヶ月以上かかる ということをよく伝えなくてはなりません。 

幸せにしたい と思うのは誰でもそうです。でもそのためには細心の注意を払いアラユル場合を考えてご自宅を訪問し一緒に犬の行動を読むことが大事です。 逃げてしまってから 電話で飼育現場も知らないで色々言ってもお互い良い解決策が見つからないばかりでなく 人間同士がもめる元になります。033.gif

そう
天使のように大胆に 悪魔のように繊細に
by jiro_saty | 2010-06-10 18:05 | レスキュー編

素直な心

犬には疑いがない

いつも貴方を信じて待っている

どんなに遅くなっても

どんなに寒くなっても

そしてどんなに辛くなっても

犬には

あなたしかしない

本当に

この世で頼れるのは
あなた なのだ。。。
a0020246_18191881.jpg


だから

からかわないこと
うらぎらないこと
いつわらないこと

そして最後まで愛すること


あなたの命の時間を削って
その素直な心に報いること


これが一番シンプルで大切なこと

です。

a0020246_18203063.jpg

by jiro_saty | 2010-06-08 18:20 | みっちゃんのツイート

サマーカット かいくんの巻

これ


なんだ


a0020246_184537100.jpg



これ

a0020246_1846487.jpg




へへへ


a0020246_1847284.jpg

by jiro_saty | 2010-06-02 18:47 | みっちゃんちの犬たち