<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

みっちゃんち的ビューティーコロシアム

2か月前にみっちゃんちに来た頃のぺぺ007.gif

a0020246_22442894.jpg


a0020246_225391.jpg


それから058.gif059.gif

a0020246_22541337.jpg


そして つい最近のぺぺ

066.gif

a0020246_22544197.jpg


a0020246_22551447.jpg



061.gifフォトバイ 陽子

そして陽子ちゃんの長年の夢であるちょっと巻き毛の犬のトリミングも達成とあいなりにけり056.gif

ぺぺは飼い主さんの事情できちんと管理されていなかったため 栄養失調と肝機能低下がみられていました。
おしっこはまだまだ外でできるまでにはなっていませんが
どなたか暖かい家庭で癒してくださる方を探してやろうと思っています。

4歳 去勢済みでありまする。
by jiro_saty | 2009-03-30 22:46 | みっちゃんのツイート

電車の乗り換え またまちがえた~~

すみません007.gif007.gif
散歩に行ったのですが、扉がしっかり閉まっていませんでした。
11匹部屋にいました。下に見つけた子の名前書きました。
これで全員ですか?

菊次郎
みー
みか
くるみ
白ミュウ
黒ミュウ
モア
ちゅら
あゆ
エリザベス
ラビ

↑ 

みっちゃんが信濃町で乗らなくちゃならない電車の反対側に乗り込んで新宿で気がついてあたふたしていたとき
008.gifもらった陽子ちゃんメールなんだけど;;


ちょっと説明すると ゴールデンのラッキーを外に連れ出すときに玄関の建てつけが悪くこのような事態になりやすいのであり。。 それより陽子ちゃん
頭マッシロの状態で よくもまあ035.gif 11匹の猫たちの名前を書きあげられたこと061.gif

a0020246_2321959.jpg

風に吹かれて 陽子姉ちゃんとお散歩~~
by jiro_saty | 2009-03-20 22:58 | みっちゃんのツイート

ミスター菊次郎

我が家には飛びっきりのキムズカシヤ033.gif

アビシニアンの菊次郎004.gifがいる 

知らない人が来た といって睨みつけ飛びかかり
かけしょんをし050.gif

朝になるとみっちゃんを見つけ肩に乗って(ってこれが重いのなんのって)066.gif
甘えて駄々をこね 気に入らないとそのままみっちゃんの肩にかけしょん(これは参る~~)


ほかの子の食べてるフードを覗き込んで もらえないとまた騒ぎ
008.gif犬が増えたといって持病のアレルギーが悪化し

とにかくみっちゃんズルームはイタルトコロニかけしょんよけのおしっこシートが貼ってある070.gif

でも
可愛い可愛い我が家のビートタケシのお父上なのです。(菊次郎とさきって知ってるかな?)
最近 紅豆杉というお茶の飲み残しを彼のアレルギーの箇所に塗っているが
これがなんともいい感じであり。。。

悪化しないし それに皮膚が柔らかいまま汚くならない

おまけにその塗った部分をなめた後 菊さまは非常に大人しい

なぜ?? なぜ??・


この謎に迫っていきたいと思っています はい016.gif


a0020246_2392971.jpg



あら あたいはここでいっちゃん長老のミー様だよん~~~058.gif
by jiro_saty | 2009-03-16 23:13 | みっちゃんちの猫たち

抱きしめて なでてあげよう

川村さん、みなさん、先輩家族さん達、ジャンプくん、お元気でしょうか。 応援のお言葉を頂いていたワンちゃん、亡くなりました。 今日は希望されたドライフードと、間に合わせのふわふわ毛布を手に、次回はお散歩の許可を貰おう♪と足を向けたのですが・・・。軒下のようなスペースの出入り口が開かれていて、犬小屋に板が立て掛けてありました。何の気なくこっそり入り込み、中を覗いたらワンちゃんが寝ていました。汚れもなく安らかに。ただ、黒く汚れた木の犬小屋にはキレイなお座布団が敷かれ、その上で横になっていました。 1回目に行った時、はじめて見れたご飯の容器には食べ残しがありました。また、細く高くクーとひとなきした声が心配になり、健康状態を伺った所「年寄りだから元気がない」とだけ。 今日行くと、古い継足しのプレハブ小屋のようなお宅に住んでいる飼い主のオバ様が指でバツマークをつくり、「豆(ドライフードのこと)はもう要らない、2・3日前に死んだから」って。オバ様にお別れをし、多分女子のだったワンちゃんに似合う春のお花を用意して引き返し、また不法侵入?して全身を撫で、ワンちゃんが居た証の匂いを胸いっぱいに吸い込み、お花を置いてきました。何も出来なかったかも知れない出来たかも知れない。15~6歳だったとの事です。 その足で、この辺りでは新入りと思われる2匹の猫が居る田無駅近くの駐車場へ行きました。牝猫ちゃんと思われる子に避妊手術を受けさせようとうろうろしていたら、「餌付けは云々」と通行人にご意見をいただき・・・ウチの猫だと言い返したら、顔見知りの猫が親しげに登場し・・・見るからに私はエサやりおばさんにしか見えず・・・。長々と失礼致しました。  すみません、川村さん。川村さんを悲しませ苦しませてしまう事を分かりながらもお願いします。、はじめて行った日に撮りました。このワンちゃんを観てあげて下さい。恐らく、余り人目に触れず生きてきた一生だけど
、立派に生き抜いた証に。

たった一回でも 最後に誰かが優しく見てあげただけでも よかったよ。。
犬は無視が一番つらいんだって。。。

勇気をありがとうね
056.gif056.gif

a0020246_232477.jpg

by jiro_saty | 2009-03-09 23:04 | レスキュー編

さようなら ジョディのパパ

 

ミラボー橋          アポリネール

             堀口大学訳
 
 ミラボー橋の下をセーヌ川が流れ
    われらの恋が流れる
   わたしは思い出す
  悩みのあとには楽しみが来ると

    日も暮れよ 鐘も鳴れ
    月日は流れ わたしは残る

  手と手をつなぎ 顔と顔を向け合おう
    こうしていると
   二人の腕の橋の下を
  疲れたまなざしの無窮の時が流れる

    日も暮れよ 鐘も鳴れ
    月日は流れ わたしは残る

  流れる水のように恋もまた死んでゆく
    恋もまた死んでゆく
   命ばかりが長く
  希望ばかりが大きい

    日も暮れよ 鐘も鳴れ
    月日は流れ わたしは残る

  日が去り 月がゆき
    過ぎた時も
   昔の恋も 二度とまた帰ってこない
  ミラボー橋の下をセーヌ川が流れる

    日も暮れよ 鐘も鳴れ
    月日は流れ わたしは残る

詩集「アルコ ール」(1913)収録                        [堀口大學訳]




ジョディのパパはいつも優しかったので
笑っているお顔しか思い出せないの
ボロボロになっていた麗奈を夜中に優しく迎えてくれて
お風呂に入らせてくれて

それからみっちゃんたちにスイカがあるからって
声をかけてくれた。。。。


覚えていよう
胸に深く刻んでおこうね


a0020246_22337100.jpg

by jiro_saty | 2009-03-05 22:04 | みっちゃんのツイート