<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

命の重さ

川村さんへ
いつも気遣いいただいて、ありがとうございます。
ずっと 感じていることがあって、今回 私がしていることは、間違っていたのではないか、と 思いながら 里親さんを探しています。
たとえ、目の前の猫がかわいそうでも、自分はどうすれば良かったのか、。
野良として生きるにしても、今この季節、もう雪が降り積もっている以前の職場地域では、生きていけなかっただろうと思いますが、だからといって、自分で飼えないものを 保護するなんて、無責任だと、母や 何人かの友人に言われた言葉が 繰り返され、かみしめています。
川村さんは どんな風に 思われますか。


以前ここで紹介した10月24日の「勇気をだそうぜ」の女性からのメールです。本人に許可をもらって掲載しました。 彼女はその後もがんばって保護を続けています。
普通なら甘えて投げだす人も多い中 毅然とした態度で頑張っています。 でも親御さんや友人からは相変わらず批判されているようで。。。。


あなたらなら 彼女にどうこたえてあげますか?



素敵なおまけ^^

しばらく雛ちゃんと一緒に暮らしたダックスのシン君
すご~~~く美人のHASメンバーのお姉ちゃんちで保護してもらうことになりました。

a0020246_9333981.jpg



今日はシンと一緒に海に行きました。車が大好きみたいで、ずっと窓から顔出して風を受けて大きい耳を翼みたいに広げてます・食欲旺盛、快便で元気一杯です・
by jiro_saty | 2007-11-29 09:24 | みっちゃんのツイート

くろちゃん まってます。。。

友達の黒猫がいなくなりました。 人懐こくてとても可愛い子です。

遠い所にいる友達なので どうしてあげることもできず

もちろん東京にいてもなにもできないだろうけれど
でも
でも それでも
心配です。。。。

a0020246_1483863.jpg


レオだってすごく心配してます。。。。


はやくママのところにかえってあげて

黒をつれだした人 どうか戻してあげてください。
猫は猫ではなく 家族なのですから。
by jiro_saty | 2007-11-27 01:49 | レスキュー編

山茶花 さいた

ちょっと前のブログのバックがうるさげだったので 
ここで すこしおとなしいのをチョイス^^


a0020246_22464923.jpg


動物を保護するとき
みんな助けたい一心だともちろん思います。

この年の暮れが迫ってきても相談のメール 電話 あとを絶ちません。

でもいったんこちらで協力をし保護を引き受けたとして

あとあとまでひとりで苦しんでいた最初の気持ち

「どうしよう 誰に相談しよう
保護しなきゃ よかった
たった一人で 困ったなあ。。。。」

なんて気持ちを持ち続けられるかしら?

みっちゃんに渡したから もういいや
なあ~んて思ってしまって
最後は連絡もなくなってしまう人たちもいます。。。。

それって
結局 捨て場所が違うだけで
どこかに責任をなすっただけではないのかなあ??

あなたの連れてきたあのこ
もう何年も何年も
みっちゃんちでみんなに愛されているんだけど

最初につれてきたあなたの顔や声
忘れてないです、、 ほんとだよ^^


a0020246_22471492.jpg

by jiro_saty | 2007-11-19 22:44 | みっちゃんちの犬たち

眠りは癒し

可愛い雛の
あどけない寝顔



a0020246_1513921.jpg


悪戯で おしっこたれで
うんこもらしで

飛びつきで
吠えつきで

でも
可愛い雛 雛
by jiro_saty | 2007-11-10 01:52 | みっちゃんちの犬たち

素晴らしい人生

44歳で単身カンボジアで訪問看護の仕事に携わっている女性がいる。
赤尾和美さん

先日命の輝きスペシャル http://www.tbs.co.jp/inochi2007/index-j.htmlで放送された。
エイズにおかされた幼い子 無知な母親
救いようのない働かない父親

彼女は毎日私たちの想像をはるかに超えたところで淡々と微笑みを絶やさずに
生きている。 存在している。

その彼女が取材中はじめて涙を流しながら語った話を書こう。
ある日病院まで200キロの道のりを貧しい老夫婦が子供を抱えてやってきた。
その子は拾い子で(カンボジアでは捨て子が多い)脳性麻痺であった。
誰もがその夫婦を気の毒がりスタッフも看護婦も同情した。
勿論和美さんも。
すると二人はこういったそうだ。

今まで生きてきて こんな幸せなことはないって。。。。
今までで一番幸せだって。。。



みんな言葉を失い
今まで自分たちはここで何をしてきたんだろうって
深く考えたんだそうだ。


a0020246_1842588.jpg



人は一切れのパンではなく
愛に、小さなほほえみに飢えているのです。

誰からも受け入れられず
誰からも愛されず
必要とされていないという悲しみ
これこそ本当の飢えなのです。

愛を与え
愛を受け入れることを知らない人は
貧しい人の中でも
もっとも貧しい人です。
 ~~~~マザー テレサ~~~
by jiro_saty | 2007-11-01 18:42 | マザー テレサ