<   2006年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

私の天職

みっちゃんは
命を癒したい

みっちゃんは
傷を負った心を癒したい

だから もっともっと透明になりたい

もっともっと
心を静かに落ち着かせて

そして

いい人生を創造したい     



☆☆ はじめの一歩

a0020246_1693623.jpg



  みっちゃんのフットマッサージ

 3歳の時からピアノで鍛えた しなやかでしっかりした指先で

あなたに’ピッタリ’の心地良さをお届けします!!(イタクはありませんヨ)

                 JRFA認定 フットセラピスト
                  かわむら みちこ                       

    お試し期間
   動物が好きな方 ただ今 みっちゃんちだと2000円~
   出張は応相談♪ 

a0020246_1695962.jpg

by jiro_saty | 2006-08-31 16:11 | みっちゃんのツイート

高校生の一日ボランティア隊♪

今日はありがとうございました!サティアちゃん麗奈ちゃんジローくんベルちゃん雅ちゃんねこちゃんたちもありがとうございました!わたしもとっても楽しかったです。

a0020246_108427.jpg


行くときに人間にいろいろ嫌な思いをさせられた子たちだからきっと人が嫌いなのだろうと思ってたのですが、サティアちゃんや麗奈ちゃんの明るいお顔を見てびっくりしました。おとなしいサティアちゃんにシャンプーしているときに本当にサティアちゃんにもっともっと幸せになってほしいと思いました。みんな苦しかったはずなのに川村さんの愛情であんなに穏やかな顔をしていて、川村さんはすごいと思います。川村さんの麗奈ちゃんたちにかける声がとっても優しかったです。今もいっぱいどこかで苦しがっている動物がいると思うととても悲しくなります。でも悲しがっているだけでは状況は何も変わらないので少しでもわたしなりにできることをしていきたいです。
今日は本当にありがとうございました、サティアちゃんたちにもよろしくお願いします。またできれば参加させていただきたいです!ありがとうございました!


a0020246_1085145.jpg


a0020246_1091275.jpg

by jiro_saty | 2006-08-30 10:09 | みっちゃんのツイート

ママ みつかったよ^^

あのさ 俺 先週からお騒がせしてた 自称ノラ 


昨日 ママがめでたく見つかった

a0020246_993713.jpg




ちょっと保護してる間 みんなに迷惑かけたっけ。
去勢をした方がいいってママが言われてたけど
かかりつけの先生はしない方がいいっていってたっけ。

でもさ 俺 女の子みちゃうと 駄目なんだなああ また
脱走しちまうかも~



 影の声

迷い犬の保護はかなり大変です。
当てもない時間がすぎてくし 何より散歩が大変だ。しつけがされてないと
どんどん引かれて 体があまり健康でない家庭の場合 すごく負担になります。
でも できるだけ飼い主さんに直接お渡ししたいと(処分の方向ではなくね。)
頑張ってみるのですが、、、。


それなのに お迎えにきた飼い主さんが 結構あっけらかあ~~~ん としていることが
多く ちょっと気抜けしてしまいますね~~~

菓子折りかなんか持ってこられて(いいい 要らないしいいいーーーー) それからなしのツブテ、、、。
なんか もっときちんと反省をしてくださらないかしらん????
by jiro_saty | 2006-08-29 09:14 | みっちゃんのツイート

あるメールから ありがとう ゆみさん

Mon, 28 Aug 2006 09:50:23 +0900

川村 様

おはようございます。ゆみです。

朝から悲しいお知らせで申し訳ないのですが、
ミャーミャ(保護した子猫の呼び名)は、28日8:50頃
天国に逝ってしまいました。
短い間でしたが、ありがとうございました。
川村様には、とても感謝しております。

 ミャーミャは、今日の7:30位までは元気に鳴き、
ミルクも飲んでいたのですが、、、
 病院に連れて行こうと思っていたので、用意をしている時に
「ミャー、ミャー」と2度なき、どうしたのかなぁ?と思って
見に行くともう動かなくなっていました。
まだ温かかったので、手のひらにのせずっと包み込んで
あげ、名前を呼んでいたのですが、、、、

 ミャーミャは、81gしかなくもしかしたら未熟児で、親猫が
家の裏に置いて行ってしまったのかなぁ?っと思っています。
小さいのに一生懸命に生きていました。
ちゃんと育って欲しかった、、、、、、

 ミャーミャの事があり、いろいろな愛護団体等のホームページを
見て、人間の自分勝手さに罪の無い子たちが苦しい思いを
している事・その子達を一生懸命助けてあげている人達が
いて、どういう事をしているのか勉強になり、
いろいろと考えさせられました。

 今の私には何もできないので、川村様に簡単な言葉を
さしあげてはいけない気もするのですが、
これからも小さな命を救ってあげて下さい。

本当にありがとうございました。とても感謝しています。

ゆみ
----- Original Message -----
Sun, 27 Aug 2006 13:01:44 +0900 (JST)
Subject: Re: はじめまして、ゆみと申します。


ゆみ様
HAS代表 川村美智子です。
まず 勇気を持って助けてくれたこと とても嬉しく思います。
ありがとうございます。

あまりに小さい仔猫の場合 元気でいても急変してなくなることもあります。
とにかく暫く様子を見て 頑張れるようなら 画像を送っていただけませんか?
こちらですぐに保護することは今は無理ですが 貰い手捜しに協力をすることは出来ます。
頑張ってみてくださいませんか?

それとゆみさんの連絡先 ご住所など教えてくださいませ。
資料をお送りさせていただきますので。


 川村 美智子
東久留米市金山町@@@@@@@
08050642635  
アドレスはdaiyamond777@ezweb.ne.jp (携帯からのみお受けします)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
wrote:Sun, 27 Aug 2006 01:13:41 +0900
はじめまして、ゆみと申します。

 2日位前から自宅の近くで「ミャー、ミャー」と鳴き声がするなぁと
思いつつも近所の猫が子供を生んだのだろうと思っていました。
でもあまりにも近くで定期的に鳴き声が聞こえるので、今日の夕方、主人と買い物に行く際、
隣の家との隙間を覗いてみました。
すると、一生懸命もがいて母親をさがしている子猫がいました。
あまりにも小さく最初は、鳥かなにかかとも思いました。
二人で顔をあわせ 「どうしよう」 と、、、でもほっとく訳にもいかないので、
買い物ついでにペットショップに立ち寄り、子猫ようのミルクと哺乳器を
買い、すぐにミルクをあげ、フリースのブランケットであたためてあげました。

 犬2匹と一緒に生活をしているのですが、こんなに生まれたての子の
お世話をしてあげるのは初めてで、どうしていいのかわからずインターネットで
いろいろ調べました。今は、ペットボトルの湯たんぽにしがみつき、
気持ちよさそうにすやすやと寝ています。

でも、実際にはこの子とずっと生活を送るのは、主人が猫アレルギーな為
どうしても無理なのです。
いろいろな里親募集、団体のホームページを見ると、拾った側が最後まで
責任を持って欲しい、と言う事が記載されている事が多く、
正直どうしたらいいのかわからず、メールを差し上げています。


沢山このような事があり、お忙しいかと思いますが、
ご連絡いただけると助かります。
宜しくお願い致します。

ゆみ
(いろいろ調べた結果、だいたいなのですが、生後2日だと思います。)
by jiro_saty | 2006-08-29 09:03 | みっちゃんのツイート

あ 嬉しい^^^  

☆ ☆ぶんたの家

なんて 懐かしい 

a0020246_13125556.jpg

覚えてますか?
あの ルーディーが愛されてるお家なんだよ^^

彼はとてもさみしい毎日をすごしていて
お散歩もなく 暑い庭で逃げ場もなく アイコンタクトも出来ず 
歩き方も変で おうちの方に愛されることもなく
厄介払いされて 

それで それで、、、。
沢山の人が彼に手を差し伸べてくれました。
沢山の愛情と 沢山の力に支えられて
そして 最後は木更津のフィービーママのところから お婿に行きました。


ありがとう
本当に
by jiro_saty | 2006-08-27 13:17 | レスキュー編

少し元気になりました^^ でも

腹水がたまっていたバットマンは水を抜いたら元気になってきました。
5月3日に保護してから4ヶ月 もうすでに40万近くかかっています。 安楽死という選択もあるかと思いますが バットマン本人はとても機嫌よくしていて もう少し頑張ってみたい と思ったりしている所ですが 要介護4の母上もいらして 本来の仕事もままならず 近藤さん ちょっとがっくりしてます。

どうしたらいいのか私にもわからない
結論を出すのは 私ではないし、、、。

もし助けてあげられるのなら みんなで 少しづつカンパを続けて応援すること
今はそれしか思い浮かびません。

自分だったらどうするか

そう思うと なんともいえませんが、、、。




a0020246_12433027.jpg




みっちゃんからのお願いです この件について ここのサイトでの論議はやめましょうね。 
保護主さんが一番わかってることだし、、、。
ペンの力を借りて他人を傷つけたりするのは どっかの作家さんみたいだから やめとこね~
by jiro_saty | 2006-08-26 12:46 | レスキュー編

ズズオの秘密

俺 ずずお

法ママんちに世話になってるんだ

a0020246_12192814.jpg


最近 俺 好きな三毛猫ができちゃって
もう去勢もされちゃったし その可愛い子ちゃんも 避妊終わってるって
みんながいってるんだけど

ママに隠れて三毛ちゃんクラブに入って おっかけやってる。

でも
あの日 しっかりママに見られちゃって 俺
慌てて 逃げたんだ

結構恥ずかしかった。。。。

a0020246_12212133.jpg



4,5日前から 法ママんちで保護してる迷い犬

雄 薄茶でピンクのハートが付いた首輪してる
東久留米南町あたりで保護

a0020246_12221363.jpg


a0020246_1222512.jpg



早く ママ 迎えに来てやって

かなり引くので 世話が焼けてます~ 

 心当たりの方は 08050642635まで
by jiro_saty | 2006-08-26 12:24 | みっちゃんのツイート

坂東氏よりコメント でもみんなのコメントの方が素敵!!


このエッセイに関してやはり色々なところで波紋が広がっているようです。
これに対し、坂東氏よりコメントが出されたらしいのでお知らせいたします。(以下全文)


『タヒチ島に住みはじめて8年経ちます。この間、人も動物も含めた意味で『生』ということ、ひいては『死』を深く考えるようになりました。7月から開始した日本経済新聞社紙面『プロムナード』上での週1回の連載でも、その観点からの主題が自然と出てきました。『子猫殺し』のエッセイは、その線上にあるものです。ことに、ここにおいては、動物にとって生きるとはなにか、という姿勢から、私の考えを表明しました。それは人間の生、豊穣(ほうじょう)性にも通じることであり、生きる意味が不明になりつつある現代社会にとって、大きな問題だと考えているからです。 』


☆作家さんだけあって、言葉を巧みに操っておられるようですが。
率直に申し上げて、上手に誤魔化していらっしゃいますね。

私自身は相変わらず、この方の真意が分かりません。
それならば、いっそ理論武装などせずに素直に「仔猫を殺すことに抵抗がない」「私は正しい」と、はっきり言い切られたら如何でしょうか。 

ともかくも「真意が理解し難い」のひと言に尽きます。
こうした文章を書いた御本人にも、媒体に掲載した新聞社にも。

論理の破綻、詭弁、自己弁護、理論武装・・・色々述べることはありますが内容が全て事実ならば、ここに書かれていることは正当化する余地などない筈です。
自然淘汰された野鼠や野良犬の死骸があるから、殺してもいいと解釈しうるこの文章は、もはや人の感覚を失っているとしか思えません。

何が狙いなのかは本当にわかりませんが。
「ホラー小説の第一人者が仔猫殺し」とは出来すぎの感もあります。
良かれ悪しかれ世間の注目は集まると思いますが、それが狙いならばもっと醜い。
自らも「生かされている存在」などという謙虚さを問うことすら無意味なニンゲンが物書きであることが口惜しい。




☆彼女には次の事を言いたい!

>猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、子を産みたいというだろう
子猫が言葉を話せるならば、死にたくない、生きたいというだろう。

>子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。
手術は一度、子猫殺しは何度も繰返される
わざわざ苦しみの自覚を知らしめ殺す為に産ますのですか?

>人が他の生き物の「生」にちょっかいを出すのは間違っている。
では、「生」にも「死」にもちょっかいを出してはいけない。

>猫が飼い主に甘える根元には、餌をもらえるからということがあると思う。
貴女の猫がそうだとしたら、猫も貴女の行為を見抜き貴女を信頼も愛しても無いから

なんともおぞましいエッセイです。

☆言ってることとやってることが矛盾してんじゃん。

「獣にとっての生とは、人間の干渉なく生きること」なんでしょ?

じゃあなんでそんなに愛情かけて飼ってんの?誰かに懇願されたの?依頼されたの?すっかり干渉してんじゃん。
そう思うなら飼わなきゃ良いだけ のことじゃないの?

放っとけば?干渉しないって言うんなら死のうが生きようが関係ないじゃない。獣なんだから。愛情かけて飼っといてわざわざ殺すんだったら飼うことないじゃない。
避妊手術に対するアンチテーゼとして殺しも同じだと言いたいんだろうけど、あなた干渉しないんだから飼わないでーみたいな。あなたの言わんとしてることが矛盾だらけなのよー。

ヘンな人・・・



「子種を殺すか、生まれ出た子を殺すかの差だ」とか言ってるけど、その 差 自体が曖昧で線引きが難しいときもあるのよ。人間で言えば、昔の優生保護法、今の母体保護法があるように、どこからが殺人になるかは結局法律に頼るしかないわけで。まさしく私はその曖昧な所にいて、避妊 と称して殺しに手を染めてきた。でも、だからと言って生まれて来た子を放り投げて殺して良いってのは、余りにも無茶苦茶な話やなあ。じゃあ眞砂子さん、あなたは人間に対してもそうするのね、みたいな。全然「痛みも悲しみも引き受けて」なんかないじゃない。見たことあるの?あの子宮から透けて見える子犬たちの姿。羊膜に包まれて安心しきって、眠ってる、爪も生え揃ってるのよ。「せめてお墓作ってあげちゃダメですか」と言ったけど、院長は「キリがないから」って。そんな場面が日常茶飯で、まだ発病はしてなかったけど、なんつうか・・いちいち胸痛くてつらくて「わたしがこわれる~」と、いつも思ってた。その私が避妊、去勢はまず必要、と思うのは生まれ出て尚、無惨なままで生きるしかない子たちもさんざん見て来たから。それだったら命を宿さないようにする方がずっとまし。


自然の摂理を言い訳にして自分の行為を 正当化ならまだ良いけど 美化 しとる。
っていうか、能書き垂れてないで、「殺したいから殺してる」って言えばまだ良いのに、避妊手術して「生」にちょっかいを出して・・とか人間にそんな権利などない、とか神ではない、とか、誰も別に権利なんて思ってないし、一緒に生きてくために避妊はしなきゃしようがないじゃん。人間みたいに自分で避妊したりする頭ないんだから。現実問題、犬猫なんて親子だろうが兄弟だろうが発情が来ればどんどん交配するんだから。一回に5匹も6匹も産んじゃうんだから。でも結構いるんだよね。安易に避妊に反対する人。現実を見てきてないんだと思う。

つうか、この方は論外。クドクド言うんなら飼わなきゃ良いだけのことじゃない。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


a0020246_0501138.jpg


みなさん ご意見 ありがとう。

このオバサン もし万が一 やっぱ避妊しようって思っても今度はやりにくいだろうなああ
嘘かほんとか
オバサン 犬も飼ってて同じことをしているという話もあり。。。。
最近の壊れた人格の最前線みたいで 痛いね。



人間素直が一番さ
 ね?
by jiro_saty | 2006-08-25 00:50 | レスキュー編

猫 大好き~ 

今こんな猫を飼っています^^白いのがレオ(♂)黒いのがクロちゃん(♀)です。美智子さん最近体調はどうですか。残暑がキビシイですね。休養と栄養を大切に^^^^


a0020246_16182252.jpg



仲良しカップルです。レオはなかなかの美形^^猫大好き~

a0020246_16185793.jpg

by jiro_saty | 2006-08-24 16:19 | みっちゃんちの猫たち

殺しの痛み?悲しみも引き受けて、ですって?

こんなことを書いたら、どんなに糾弾されるかわかっている。

別に糾弾なんかしないけど、ヘンよ、あなた。

> 獣の雌にとっての「生」とは、盛りのついた時にセックスして、子供を産むことではないか。

そりゃあ動物の本能として当たり前でしょ?

> その本質的な生を、人間の都合で奪いとっていいものだろうか。

避妊に対して過剰に反応してるみたいだけど、人間の都合で奪い取ると言われればそうかも知れない、けど、不幸な命を増やすよりずっと良い いわば妥協案としてそうするしかないじゃない。一度に5匹も6匹も産んでどんどん増やしてしまったら責任は持てないし、生まれた子が何よりつらい思いすることになる。だったら命が生まれる前に避妊した方が命を宿さないようにした方がよほど良いでしょ?

> 猫は幸せさ、うちの猫には愛情をもって接している。
> 猫もそれに応えてくれる、という人もいるだろう。
> だが私は、猫が飼い主に甘える根元には、餌をもらえるからということがあると思う。
>
>
>
> 生きるための手段だ。

餌をもらえるから、と思うのは当たり前!知能が低いんだから。そのうちに彼らも餌をくれる我々に愛情を感じるようになるんでしょ?それが応えてくれるってことじゃない。それじゃダメなの?
>
> もし猫が言葉を話せるならば、避妊手術なんかされたくない、子を産みたいというだろう。

そうかも知れない。でも責任を持てない限り産ませてはあげられないの。飼うことには責任が伴うの。だから致し方なく避妊するの。
私一人で何十匹に増えても世話出来ないもん。

> 飼い猫に避妊手術を施すことは、飼い主の責任だといわれている。
> しかし、それは飼い主の都合でもある。

都合かも知れない けど、殺すよりずっとマシでしょ?命を宿してしまったら不幸になることが見えているなら。責任や都合だけじゃなくて最初から不幸になるのがわかってるときは、命を宿さないようにするしかないでしょ?人間生活と長年密着して生きてきた犬や猫とどう共生するか考えるとき、自分に出来ることには限りがあるんだから避妊や去勢は当然。
これから生きようとしてるものを殺すって、凄い苦痛を味わわせることになるのよ。

> 子猫が野良猫となると、人間の生活環境を害する。
> だから社会的責任として、育てられない子猫は、最初から生まないように手術する。
>
> 私は、これに異を唱えるものではない。
> ただ、この問題に関しては、生まれてすぐの子猫を殺しても同じことだ。
> 子種を殺すか、できた子を殺すかの差だ。
> 避妊手術のほうが、殺しという厭なことに手を染めずにすむ。


同じじゃないって!つまりこの人は殺しイコール避妊になってるみたいだから、厭なことを合理化するために避妊してるって言いたいわけね。
でも、野生でなくなった犬や猫と共生すること と全くの野生動物を混同してる。アフリカのサバンナとは違うのよ。
殺すなら最初から飼うな。なんでわざわざ飼って可愛がって殺して、それを正当化するの?「私は厭なことから目を背けないんだ。避妊する人はそこから目を背けてる」目茶苦茶な論理。
別にあなた、屠殺の仕事してるわけじゃないんだから。
どんな経験して来てる人か知らないけど、なんか歪んでる。自分の中の葛藤や何かを犬猫に投影してるんじゃない。犬猫も良い迷惑。。。

>> そして、この差の間には、親猫にとっての「生」の経験の有無、子猫にとっては、殺されるという悲劇が横たわっている。
>> どっちがいいとか、悪いとか、いえるものではない。
>> 愛玩動物として獣を飼うこと自体が、人のわがままに根ざした行為なのだ。
>> 獣にとっての「生」とは、人間の干渉なく、自然の中で生きることだ。
>> 生き延びるために喰うとか、被害を及ぼされるから殺すといった生死に関わることでない限り、人が他の生き物の「生」にちょっかいを出すのは間違っている。
>> 人は神ではない。
>> 他の生き物の「生」に関して、正しいことなぞできるはずはない。
>> どこかで矛盾や不合理が生じてくる。
>> 人は他の生き物に対して、避妊手術を行う権利などない。
>> 生まれた子を殺す権利もない。
>> それでも、愛玩のために生き物を飼いたいならば、飼い主としては、自分のより納得できる道を選択するしかない。
> 私は自分の育ててきた猫の「生」の充実を選び、社会に対する責任として子殺しを選択した。
> もちろん、それに伴う殺しの痛み、悲しみも引き受けてのことである。(作家)


だからあ、あなたは野生動物と、人と密着した犬猫とを、おもいっきり混同してるの。サバンナに行ったら確かに、動物たちの「生」にちょっかいなんか出せないよ。
でも、元々野生だった生き物たちと人間が暮らす こと自体に矛盾や不合理があるの。だからその矛盾を可能な限り少なくするためのひとつの方法が、避妊なの。権利だなんて思ってないよ。愛玩動物なんて私だって厭だよ。でも、人間と、犬猫の間には愛玩用として改良を重ねてきてしまった歴史があるの。だから彼らもまた、人間なしで生きられなくなってる事実もあるの。
「社会に対する責任として子殺し」?それこそそんな勝手な話ないじゃない。
飼うのをやめなさい。それが得策です。
ご自分に随分と酔ってらっしゃるようだけど、おかしいわよ。サバンナで暮らしなさい。すぐライオンに食われるから。あなたの論理からすれば、食われてご自分が肉の塊にされて死ぬことの痛みも恐れも引き受けられるでしょ?随分とかっこうがいいわねえ。。


殺しの痛み?悲しみも引き受けて、ですって?

だったら言わせてもらうけど、あなた放り投げて殺すんでしょ?
まだいいじゃない。
避妊って言ったって、いろいろあるのよ。
もう母犬の子宮の中で、生まれてきてもおかしくないくらいに育っていて、子犬の顔も手足もちゃんと見えているのに、それを子宮ごと摘出して生ゴミに捨てることもあるのよ。仕事としてそれをしなければならなかった私からすれば、たとえ仕事でも、こんな子を殺して、しかも生ゴミに・・そう思って、何度も自分のバランスを崩しそうになった私が、殺しに手を染めてないなんて言い切れる?
子宮だけを摘出するのが避妊じゃないのよ。ちゃんと表情もあって。。。そんな現実も知らないで、自分に酔わないでくれる?目茶苦茶な自分の論理に酔ってるヒマがあったら、もっと現実を見たら?
痛み?悲しみ?そんなねえ、かっこいいもんじゃないのよ。だし全然引き受けてないじゃない。放り投げるなら、そのあと死に至るまでどれだけその子たちが苦しむか、なんて見なくて済むじゃない。

生きたままホルマリンに漬けて殺すことも当時はあったのよ。ホルマリンって消毒のためにちょっと垂らしただけでも、目を開けてられないほど痛いの。
とりあえず、「生」にちょっかいを出す権利などない とか 自分の殺しを美化するなら、もっと我々人間と犬猫たちの現実見て、それから言ってね~ん。


以上 
みっちゃんのお友達からの作文で~す^^

a0020246_16152082.jpg


 ふん  ざけんなよ~!!!
by jiro_saty | 2006-08-24 16:15 | みっちゃんのツイート