<   2004年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

頑張れ みっちゃん

何をやっても 半人前だけど
頑張って生きるんだぜ

どうも 毎日どじばかりしているんだけど
しかたないから 前を向いてあるくことにしてるんだ

しかし
人生はうまくいかないもんだねえ
あんたみたいなブキッチョな女は 居場所も中々あるまいねえ


って
泣いてる場合じゃないか

HASプロさん 今日はご苦労様!!

日ごろの行いがいいからお天気も味方だね~
a0020246_1923413.jpg



 最近レナに愛されてるみたいな サティアちゃんです
by jiro_saty | 2004-10-31 19:24 | みっちゃんちの犬たち

友達 友達 あったかい~

 



 とろろ~~~~^^^  (今は亡き 可愛い子 白黒左)
 俺 お前 好きだぜ~   

 風太さん   (足を針金で巻かれて 切断寸前だった子 雉トラ)
 あったかいよ~


 私たちのしていることは一滴の水にすぎないかもしれません けれどあの大海原も一滴の水無くしては存在しないのです   (マザー テレジア)


a0020246_18574144.jpg

by jiro_saty | 2004-10-28 19:00 | みっちゃんちの猫たち

元気を出して

つい最近 うちからお嫁に行ったマリリン改め明海ちゃんから 励ましメールを頂いてしまいました。胸が熱くなりました。
はっきりいって私たちは万能ではなく いつも逡巡することばかりです。 こうしてるうちにも相談のメールが来て どうしたら一番いいのか 出来るだけの事を対峙している人がしてくれるようにサポートしているのですが  中々人間の思惑道理には事ははかどらないのです。

人間の都合で処分の危機に立たされる小さな命に対して いつでも公平で冷静な立場でお話できるだけのバランスを持っていられたらなあ と思います。

ほんと
明海ちゃん
 いい顔になってきたね~

a0020246_18593165.jpg
a0020246_191555.jpg

by jiro_saty | 2004-10-25 18:59 | レスキュー編

拝啓 ジロー殿

爺さんの君が私の家に来たのが丁度来月の今ごろだったかな。 飼い主のおっさんに引きずられるようにしてやってきたよね。
すごく痩せていて足元もおぼつかなかったね。 今まで16年間私は君をとても心配していたけど何もしてあげられなかった。 精々お水を運ぶか敷物を調達するくらいだったかな。 君は痩せていて 目も空ろだったね。 炎天下に 日陰もなく すごく苦しそうだったり 雨の後でびしょ濡れの敷物に寝ていたり、、。
今考えると きっとお腹が空いていたんだね、 ヒモジカッタんだろう。

最近随分元気になって保護してる子が女の子だったりすると一生懸命背中に乗ったりしてるよね。 まあ しょうがないかなあ と思って見てるんだけど。
サティアには嫌われてしまってるしね、、。

最近さあ、 時々落ち込むことがあるよ。 どんなに真面目に活動していても動物を取り巻く世の中の仕組に理解できないことがあったり 自分なりに色々な問題に取り組んでいてもなおかつ気の使い方が足りなくて 色々に行き違いになったりすることもあるんだ。どうもキャパ以上の事をしようとする思い上がりが悪いんだと思うよ 爺さん。皆に好かれながらとか 皆が気持ちよくなれるようサービスしながら 活動することは私にはちょっと無理みたいだ。
やっぱり命が優先するし 細かく考えるより目の前にいる爺さんとか 具合の悪い子達の為に時間を裂いてしまうんだよ。 それに 皮肉なことに訳の分からない相談についての時間が一番取られてしまうんだよね。
人にはいえないような事もあるし  いやああ 参ってしまったよ。 ほんと。


爺さん
 もうそろそろ 私は引退かなああ。代表なんて 向いて無いと思うよ つくづく~^
a0020246_1458239.jpg

by jiro_saty | 2004-10-24 14:59 | みっちゃんちの犬たち

さくら 出発~


その後ガーデンに遊びに見えたHASのメンバーさんがさくらを見て気に入ってくださり そのままお持ち帰りになった。
なんて運の強い子なんだろう。

正直言って 大型犬ばかりの中にあの華奢な子を保護するのはとても気の毒。それに十分なケアが出来ないのに多頭保護は宜しくない。 かわいそうだ といって頑張って保護してももっと辛い思いをさせてしまうことだってあるのだ。
余程人間が自分に厳しくないと 間違った方向にも行きかねない。躾と称して自分の我を押し付けたり 本当に求めているものを感じ取る感性を持っていない場合 かえって虐待になってしまうのである。

そういえば 最近知ったのであるが(って遅いか?) 儲けの為に繁殖しているところの動物の引き取りは保健所はしていないそうである。 ただでさえ動物を命と思っていない輩さんたちのところで 売り物としての対象にならないとなった子達はどんなに辛い思いで死んでいくのであろうか。 何とか対応策を考えていかないと後先考えずに動物を増やしている知識の無いブリーダー(繁殖屋など)がこれからどんどん増えていくのは、目に見えてるのではないかなあ?  
a0020246_19553484.jpg
a0020246_19555584.jpg


随分お顔が明るくなったね、 さくら!! 
by jiro_saty | 2004-10-22 19:55 | みっちゃんのツイート

さくら 登場

今朝まだ朝ご飯を食べていないところに(朝10時)電話があり一時的に預かっている犬の保護が出来ないという内容だった。ご本人からは少し前から もしかしたら助けてほしいという打診の連絡があり でも何とか頑張ってきたことも知っていた。
飼いきれなくなった男性から1歳数ヶ月の芝のミックスを保護していたが 近所の通報で都営で飼育することがいよいよ間々ならなくなり 処分を迫られているというのである。 おまけにご本人が病気で家族にも病人がいるという事情である。

 さくら 1歳3ヶ月 雌 7キロ
 室内で飼育可で 大人しい

犬の気持ちは分からない。 私の部屋に来て ちょっとびっくりか?
サティアのラブラブ洗礼 雅の ガントバシ
まだジローとレナには面会していないが、、、。


 っていうかさくら って どっかで聞いたことあったよなあ~^^^


 
a0020246_13395658.jpg

by jiro_saty | 2004-10-22 13:40 | みっちゃんのツイート

月日について

27歳でHASをスタートした時 私はすごく寂しかった。だから猫を拾って家に連れて帰って猫で癒されたかった。 えらそうに動物保護のボランティアと名乗っていたけど はっきりいって心の中は嵐が吹き荒れていた。 人を信じられるようなキャパも無く 誰ともうまくコミニュケーションが出来てなかった。そういう自分を認めることもできなかったし気がつきもしていなかった。 自分が正しいと思い 人に対して失礼な行動や言動をしてきた。
30代になっても中々その問題は解決できなくて40代になるまでに離婚も2回している。 その中でも保護活動は続けていたし「理不尽な環境にいる弱い立場を守りたい」という気持ちはますます強くなった。
月日が立ち 今私は47歳 HASが発足して20年になった。
今の自分の根本にある気持ちは何も変っていないけど 少なくとも寂しいという気持ちは癒されてきた。 動物にしがみ付いて広い視野が無くなってしまうという自分が少し大人になり何より私が頑張り過ぎなくても もっともっと冷静で熱い人たちにHASがめぐり合うことが出来て 大きな輪が広がり続けている。

これは私が頑張ったからではなく 私が出会った動物を通して自然にHASが成長していった月日の証だと思っている。
これからは後輩に迷惑をかけない自分でありたい。 といっても毎日誰かに心配をかけているのだが、、、、。 
a0020246_15472131.jpg



 レナちゃんが 台所に入っていった小窓w
by jiro_saty | 2004-10-20 15:47 | みっちゃんのツイート

金太郎

今日は社会福祉協議会の主催する福祉バザーに参加。 子猫の貰い手探しをした。
ありがたいことに 一匹を残して全て貰い手さんが決定。 いいお天気に恵まれて子猫たちは寒い思いをすることなく ケージで居眠りしていたりして、。

しかし ちょっと苦い思いもしました、、、。
a0020246_15263792.jpg



さて この日はドコゾからポニーが来ていた。 わが愛する浅木嬢はお世話係を担当していた。 ポニー君の名前は金太郎であるが

しかし 私の目には 金太郎が2人に見えた、、、、。
by jiro_saty | 2004-10-17 15:27 | みっちゃんのツイート

誰が為に犬はいる

見るも無残な姿で公園で保護をされた マリリン改め明海は今とてもとても充実した毎日を送っている。 多分 Yさんでなくてはコントロールできないであろう利口さと機敏さ そして要領の良さもあり 私はつくづく犬の運について考えさせられるのである。 よく自分の寂しさを紛らわす為に動物を飼うということを耳にする。 それはそれでいい方法だと思うけど あまり気持ちや健康に余裕が無い時に頑張って保護をしてもかえって犬を苦しめることになる場合もある。 マリリンは私にとってはあまりに手に余る娘であった。 丁度サティアの目の病気が進行しつつある所で はっきりいってマリリンには余り手をかけてやることは出来なかった。一生懸命保護しようとしても 今の彼女の生活を聞くにつけ ああ 早く新しいお家にお嫁に行けて本当に良かったと思う。

犬は私の為にいるんではなく ただそこにあるがままに生きているだけだ。 無理やり躾をしようとしたり 早くいい子にしようとするには 相手はあまりに大きな存在だと思う。

 ふっくら明海  よかった~^^^^

a0020246_1735107.jpg
a0020246_1724739.jpg

by jiro_saty | 2004-10-14 17:34 | レスキュー編

雨 雨 雨!!

朝方は晴れ間も出てサティアも雅もご機嫌で散歩してきたのに また午後には雨が降り出してしまった。雨が嫌いなこのご婦人二人のお世話はとても大変なのである。
レナとジローは雨でも何でもそそくさと歩くけどね!

そういえばレナちゃん  昨夜台所と洋間の間の隙間(横50cm 高さ 40cm位?)を潜り抜けて猫のご飯を盗み食いしてしまった。 目撃は出来なかったけど あの大きな体をどうやってあの小さな隙間に入れたのか  その時の後ろ足の動きを想像しただけで ちょっと可愛い~

a0020246_18212136.jpg

by jiro_saty | 2004-10-12 18:20 | みっちゃんのツイート