カテゴリ:みっちゃんちの犬たち( 102 )

生きてると素晴らしい

a0020246_10285919.jpg


あなたは

あなたは今でも覚えていますか?
わたしのこと


あなたが臭いと言っていたわたしの出したうんちやおしっこ

今では毎日お散歩で出す事が出来ます。
あのとき一人でお散歩に行けたら

わたしはあんなに嫌われなかった?

a0020246_10294231.jpg




あなたは

あなたは今でも覚えていますか?
わたしのこと

あなたが汚いと言っていた私の被毛は

今では優しくなでてもらい時にはブラッシングも
そしてお風呂にも入れてもらっています。

a0020246_10303342.jpg


あのとき自分で綺麗にできたら

わたしはああなたに毛嫌いされなかった?


汚い 臭い そばによるなって



そして

そしてあなたは覚えていますか?
わたしの声
私の鳴き声が五月蝿いと何度もたたかれました
意味がなく困らせるためにわがままで吠えていると思っていましたか?

a0020246_1031858.jpg



でも
本当は違うんです。
おしっこがしたかった
自分のいる場所が汚れるのはとても辛いんです。
私の鼻はすごくすごくなんでも嗅げてしまうんです。

お水も新しい綺麗なのが飲みたいし
ご飯も毎日食べたいんです。
あなたは時々気まぐれにあなたの残したご飯を投げてくれたけど
それはとても悲しいことでした。
お水も苔が生えてあまり美味しくなかったです。


今はね

毎日毎日朝と夕方 優しい人が遠くからお散歩に来てくれる。
私専用のリードで
新緑の林を
川のほとりを
小学生の声がする通学路をスキップするんです。

今はね

楽しい楽しい毎日です。

もう10年以上歩いてなかったけれど
私は元気にこうして歩けます。

たたかれるだけだった同じ手で
そっとそっと頭をなでてもらえるとすごくすごく嬉しいのです。
生きてると素晴らしいです。
まだまだ十分感じる事が出来る
愛される喜び
人に寄り添う楽しさ。。。。。




スペシャルサンクス
安藤さん 木村さん 中村さん 岩城さん 
陽子ちゃん りえちゃん 沙季ちゃん 有希ちゃん 絢ちゃん
光星ちゃん 夏麻ちゃん 

そして毎月フードを送ってくださる
亜紀さん 真由美さん 高橋さん 
by jiro_saty | 2012-04-27 10:21 | みっちゃんちの犬たち

週末介護

みなさんは一緒に暮らしている動物の最後をどう見取るか今から考えていますか?
もし病気になった場合 どうしますか?


癌だったら
あくまでも高齢でも治癒を望みますか? 大学病院に行き検査をしますか?

不治の病だと言われて久しい癌が今は動物の間にも普通に広がっています。
抗がん剤を使い 癌だと断定するまでに高額な検査費用を支払います。 勿論具合の悪い子を長い時間病院で待機させるストレスは並大抵ではありません。

もしかりに治療がスタートしてその副作用での苦しみは非常に強いものです。
動物の尊厳を奪う といっても過言ではないでしょう。

どうかもう一度 彼らの声を聞いてやってほしい。
彼らには今が一番なのです。



失う事を恐れているのは我々飼い主なのです。
寂しくなるから
死んでほしくないから 
そういう理由で必要以上の治療に小さな命を苛まさせるのは悲しいと私は思っています。

a0020246_12392451.jpg

by jiro_saty | 2011-12-14 12:39 | みっちゃんちの犬たち

寝たきりでも元気なかい君

a0020246_17504261.jpg


この写真はもう2年以上前のものです。
この頃かい君は雛ちゃんのお尻を追って毎日お散歩にも行きとても活動的でした。元々足が少しふらついていてお散歩もきちんとしていないような環境だったのですが我が家に来たらお散歩のお姉ちゃん(よーこちゃん)がいたので随分歩くようになりました。
そして今年の3月の震災の時にまるっきり歩けなくなりました。

そして私の家で開いている音響免疫療法の動物用のベットに座るようになりました。
寝たきりであれば当然血流が滞ってしまい床ずれが出来るはずです。 でもかい君にはどこにも床擦れがありません。 それどころか白内障も日々改善され食欲も旺盛。持病の心臓病も病院にお世話にならず全く薬を飲まずに過ごしているのです。

a0020246_18201093.jpg


快適な老後
医療に頼らない老後をかい君から私たちは沢山学んでいます。



音響免疫サロン


グランブルー
 
沢山の動物たちがベットに座っています。
by JIRO_SATY | 2011-11-01 18:21 | みっちゃんちの犬たち

今日のかい君

最近かい君はとても元気です。


a0020246_15562243.jpg



おめめぱっちりでごきげんです。
a0020246_15562261.jpg


林の中の勇敢な雛様

more
by jiro_saty | 2011-05-24 15:51 | みっちゃんちの犬たち

介護の介護のかい君です。



ついにあるけなくなったぜ
a0020246_13565794.jpg



ちょっと毎日色々大変だ って俺じゃなくて みんながさ

おしっことか

うんことか

ごはんとか


みんな 言葉がわかってないから 伝わらなくてなんぎするぜ~


今日 美智子がついに介護用のベルトとオムツを注文しておった。。。。。
by jiro_saty | 2011-03-19 14:04 | みっちゃんちの犬たち

カイ君の一日 熱中症には気をつけよう

おんとし 14歳のカイ君

暑いのは苦手であります。

a0020246_548982.jpg

この保冷マット 気持ちいいよemoticon-0155-flower.gif

a0020246_548279.jpg


俺の体にピッタリの大きさemoticon-0148-yes.gif

a0020246_5474864.jpg


お腹もひんやりジャストフィット^^emoticon-0152-heart.gif

a0020246_546988.jpg


でも お婆ちゃんの腕の中には叶わないさemoticon-0115-inlove.gifemoticon-0115-inlove.gif


俺たち夏は本当に辛い

このところの猛暑はどうなってるんだ

焼け付くコンクリート
照りつける太陽emoticon-0157-sun.gifemoticon-0157-sun.gif


小さな俺たちはコンクリートの熱をまともに受ける

飼い主さんには一度裸足になって歩いてもらいたい

今年は例年の2倍以上の犬が熱中症で動物病院に運ばれ路上で死んだりもしている。

犬も熱中症になるの? って炎天下で散歩してる人がテレビのアンケートに答えていたというけどemoticon-0146-punch.gif


犬には汗腺が少ないんだ
だから息を吐き出して体温調節してる。 炎天下ではそれも困難になるんだ。
外で飼われてる犬には本当に注意してほしい。

夏に毛皮をきてるのは動物だけでしょ?
人間はそんな狂気 するかい?
by jiro_saty | 2010-09-07 05:59 | みっちゃんちの犬たち

可愛い可愛いかい君

a0020246_16335481.jpg


a0020246_16343621.jpg


かい君はとても重たい

かい君はとても食いしん坊

かい君は後ろ足がもうあまりしっかり歩けないのでお散歩がうまく出来ない

抱き上げると ふーーん というような甘い声でため息をつく

それが とても

愛しい

どこかの誰かが途中で愛せなくなった小さな魂

もう少しで処分されるところだった命


今 こうして

我が家でいびきをかいてくれている


動物愛護は自己満足だ

野生保護の仕事とは違ってルールがまちまちである

自分が一番気になることを勝手にやるしかない

そしてそこに自分の正義を押し通してもまかり通ることはない

ただ
命は一つであること

尊重されるべきであること

それだけが真実だ

真実であっても世の中では軽んじられる
その現実を受け止めてけして自暴自棄にならず 淡々と続けること

出来たら一人ではなく仲間を見つけて。
セカンドオピニオンが得られる状況と聞けるニュートラルな自分を持ち続けること。

それが大きな賛同を呼び長続きすることが出来る自己満足の動物愛護の形だ。
by jiro_saty | 2010-06-23 16:45 | みっちゃんちの犬たち

サマーカット かいくんの巻

これ


なんだ


a0020246_184537100.jpg



これ

a0020246_1846487.jpg




へへへ


a0020246_1847284.jpg

by jiro_saty | 2010-06-02 18:47 | みっちゃんちの犬たち

雛ちゃんの 本音


うーーーーん
雛ね~~
今日予防注射だったんだ。。。。


痛いの嫌い

先生も嫌い

だからおしっこチビッタ


あのね~

雛 もう一人嫌いな人 いる


隣の伯母さん

あんまし すきくない

もう一人いる

清瀬のFさん  怖いんだもん。。。。。



優しくしてくれないと  嫌なんだも~~~ん

a0020246_21453699.jpg

by jiro_saty | 2010-05-21 21:44 | みっちゃんちの犬たち

かい君 背中に悪魔あり

a0020246_2374918.jpg


随分長い間気がつかなかったのですが

実は

かい君は オーメンの申し子なのですemoticon-0103-cool.gifemoticon-0103-cool.gif


ご飯をねだる絶妙なタイミング

なんとしてもコタツに入ろうとする意気込み

ママの足元で鎮座ましながら 一度も踏まれず台所で落ちてくる野菜をムシャぶる健気さ

そんなこんなにだまされて

我々はかい君の奴隷なのであります。
by jiro_saty | 2010-05-02 23:11 | みっちゃんちの犬たち