カテゴリ: メモリアル( 36 )

追悼 ベル

今日の夕刻 ベルが天国に召されました。 享年10歳  女の子

ベルは家庭の事情で長い間たった一人でマンションに置かれていました。
みっちゃんちに来てまだ日が浅かったけど

猫を追いかけ

つまみ食いをし

近所に脱走をし ママを走らせ

そして毎晩ぐっすり眠りました。

ベルは重度のアレルギー皮膚炎で長期にわたってステロイドを投与されていました。

でも みっちゃんちではもう薬はやめてマイナスイオンのシャワーを浴び

痒みも殆ど落ち着き(以前はエリザベスカラーをしておかないと掻き毟って血をながしていたそうです)
毎日とても楽しそうでした。

a0020246_20211249.jpg


今日は一日ママがそばにいて最後まで看取ってあげられたし
昔のママもあいに来てくれたよね ベル  

明日骨になって戻ってきたら

みっちゃんちに そっと埋けようね  楽しい日々をありがとう。


a0020246_20252615.jpg

by jiro_saty | 2006-10-24 20:24 |  メモリアル

さよなら ピーちゃん   ♪ 

土曜日の夜中12時過ぎに里親になったオカメインコのピーチャンが死んでしまいました。治療を始めたその日だったので、もっと早く始めてればと悲しく悔やみ切れませんがピーチャンのために楽しい時間に感謝して送ろうと思ってます。

a0020246_1828393.jpg


とっても綺麗でいいコで、なによりユニークで面白い子でした。よく怒るけど優しくって里親になってたった二年。うちで良かったのか、なんて考えちゃうけど、私達はぴーちゃんに出会えて本当ハッピーでした。今、他のインコがぴーちゃんの声真似をしてくれてます。 いろいろと、ありがとうございました。

a0020246_18293447.jpg



ピーちゃんはとても綺麗な子でした。 行き場の無い病気の巣窟のような状態にいた子の為に
いち早く里親を名乗り出てくださり救ってくださったIさんに深く感謝しています。
 
by jiro_saty | 2006-10-23 18:30 |  メモリアル

ありがと ミント


ミント  

きっとあなたはすごく愛されて

すごく幸せだったよね


だから

こうして みっちゃんとママがつながっていけるんだ
   
ありがと
 
ミント

安らかに

a0020246_22512454.jpg


    


   虹の橋          ~ 詠み人知らず

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行きます。

そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊びます。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せです。
病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻します。
・・まるで過ぎた日の夢のように。



みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があります。
それは自分にとっての特別な誰か・・、残してきてしまった誰かが
ここにいない寂しさのこと・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。

でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。
突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。

あなたを見つけたのです。

あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。
幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。

そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。


それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。



***************************************************************************************




けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。

仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めています。
この子たちには、特別な誰かなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。


でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮したことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。


ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。
そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。


そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かと、その愛する友として。

今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。

彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。
by jiro_saty | 2006-08-23 22:54 |  メモリアル

再び 虹の橋   続き 


■「虹の橋」の詩


虹の橋
天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛しあっていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまはふりそそぎ、
みんな暖かくて幸せなのです。


病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
……まるで過ぎた日の夢のように。


みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと……。


動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日……その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。


突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。
あなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。


幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。


それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです……。


けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。


でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮したことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。


ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。


そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。


今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。


彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。

作者不詳
翻訳:いっけさん

虹の橋は、私たちが信じる限り、そこにある。
いつか、私たちが命を終えて、天国へ向かう道すがら、その天国に一番近い楽園を通る時。
私たちは胸を張って「君を見送った日から今日まで、一生懸命がんばったよ」と言えるように。
これから、あと数十年、何かをがんばって、虹の橋で「もう、ずっと一緒だね」と、あの子を抱きしめる事ができるように。
私たちは、きっと、これからも沢山の動物を愛し、天国へ行けるように生きて行かなくてはいけない。
君たちが教えてくれた「本当の幸せ」は、虹の橋での再会で、もっと大きな幸せになる。

「あの子」を見送る事は、飼い主として、人間として、
たった一匹の動物を幸せにしてあげる事しか出来ない、一人の小さな人間に与えられた、最高の栄誉なのだから。

そこは楽しいですか?
そこは、幸せで満ちていますか?
今日も、空に虹は架かっていますか?

もし、空に虹が架かっていたなら、私たちが君たちの幸せを、今日も心から祈っているから。
だから、どうか、待っていて下さい。
私たちは、君の事を心から愛し、君の幸せを願い、君の死を悲しみ、そして、これからは虹の橋にいる君を思い、幸せに感謝して生きていきます。
君の事を忘れてしまうのではなく、君がいない毎日に慣れてしまうのではなく……
君がいてくれた時間を、大切にしまっておきます。

ありがとう。
生きてくれて、ありがとう。
一緒に、同じ道を歩んでくれて、ありがとう。
私の所へ来てくれて、本当にありがとう。
大切な、本当に大切な事を教えてくれて、ありがとう。

ありがとう。

ありがとう……

また、会おうね。

ありがとう。
本当に、本当に、幸せでした……

a0020246_1942443.jpg

by jiro_saty | 2006-08-15 19:42 |  メモリアル

追悼  ダンディ

今朝早く 静かに天国に行きました。   ママが落ち着くまで そっと見守ってあげてくださいね。


a0020246_914141.jpg



虹の橋


*********************************************************************


天国の一歩手前に、『虹の橋』と呼ばれる場所がある。
地上にいるだれかと親しくしていた動物は、死ぬとその『虹の橋』へ行く。
そこには、草地や丘がひろがっていて、
動物たちはいっしょになって走ったり遊んだりすることができる。
たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ、
彼らは暖かく、快適に過ごしている。
病気にかかっていたリ歳をとったりしていた動物たちは、
ここに来て健康と活力を取り戻し、
傷ついたり不具になったりした動物たちも、
もとどおりの丈夫な体を取り戻す。
過ぎ去りし日の夢の中でのように。


動物たちは幸せに暮らしているけれど、ひとつだけ不満がある。
それぞれにとって特別なだれかが、
あとに残してきただれかがいないのを
寂しく感じているのだ。


動物たちはいっしょに遊んで時を過ごしている。
しかし、ついにある日、そのうちの一匹が足を止めて遠くに目を向ける。
目はきらきらと輝き、体はたまりかねたように小刻みに震えはじめる。
突然、彼はみんなから離れて、緑の草地を跳ぶように走っていく。
あなたを見つけたのだ。
とうとう出会えたあなたたちは、抱き合って再会を喜びあう。
もはや二度と別れることはない。
喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友の頭と体をふたたび愛撫する。
そして、あなたは信頼にあふれたその瞳をもう一度のぞきこむ。
あなたの人生から長いあいだ姿を消していたが、
心からは一日たりとも消えたことがないその瞳を。


それから、あなたたちはいっしょに『虹の橋』を渡るのだ。

a0020246_9214488.jpg

by jiro_saty | 2006-07-11 09:14 |  メモリアル

さよなら ピータン

a0020246_181739.jpg今日うちにいるやんちゃ娘 ピータンが手術中に亡くなった。 以前から肛門に大きな腫瘍が出来ていて ついに切除しにつれていったものの 悪性で人工肛門が必要なくらい大きく切除したけれど残念ながら目覚めることが出来なかった。

 本当に幸薄い生まれで なんでも埼玉の大滝村に置き去りにされ1年半飼い主が1週間か10日に一回ご飯を運んでいたそうな。 近所の人に棒で殴られても。。。。


 ピータン 安らかに。


 可愛がってくれた皆 ありがと~
by jiro_saty | 2004-05-17 18:18 |  メモリアル