2007年 03月 14日 ( 1 )

幸せになったゴンタ君



柴犬、とても元気に仲良く過ごしております。
名前は「マカ」と名付けました。
少し女の子っぽい響きですが、摩訶不思議のマカです。
1ヶ月以上共に過ごし、今後ともマカと末永く最期まで過ごしたいと
心から願っております。
a0020246_2324494.jpg

素敵な出会いを本当にありがとうございました。
家に来てからの様子を少し書きますね。
まず3日目くらいに動物病院へ連れていきました。
軽い健康診断(検便等)の結果、特に問題はありませんでした。
病院や先生を恐がる様子もなかったです。
ただ、注射(採血)を嫌がったので、少し時間をおいてよく馴らしてから
にした方が良いと言われ、採血やワクチン等はしませんでした。
(3月~4月にかけてする予定です)
後ろ足に「長い間歩き回ったあと」があるね、と言われました。
5日目くらいに酷い下痢をしてしまったのでまた病院へ行きましたが、
注射・点滴・投薬・食事療法で3~5日で完治しました。
この時の注射や点滴は全く暴れませんでした。
原因は疲れから来る免疫低下で、散歩の際に何か細菌が入ってしまった
のではないかとのことでした。
その後毎日排泄物はチェックしていますが、異常はないようです。
トイレも最初から散歩のみですませています。
a0020246_23245580.jpg

最初の1週間強の間に、3度ほど「深夜に突然何かに怯えたような悲鳴をあげる」
ことがありました。声をかけて撫でてやると1分程度で収まるのですが、
原因が全く掴めなかったので(実際吠え始める瞬間を私が見ていたときも
ありましたが、本当に何もない・何もしていない状態で突然、なのです)
4度目があるようなら病院と川村様に相談しようと思っていたのですが、
その後その症状は出ていません。
安心して眠れているということだといいな、と思っております。

1週間・2週間・1ヶ月とたち、私にもよく慣れ、甘えたり寂しがったり
してくるようになりました。本当に可愛くて愛おしくてたまらなくなります。
最初はやはり距離を置いた位置にいることが多かったのですが、
今はすぐ隣りで寝ています。

シャンプーは下痢が完治して、私によく慣れてから行いました。
ブラッシングも暴れずやらせてくれるので、とてもきれいな被毛になりました。
おもちゃはテニスボール型のものが大好きで、投げては取ってきてくれます。
仕事柄月に何度かアシスタントさんが家に来ますが、
どの方とも楽しそうに遊んでいます。
ご紹介にもあったように、とにかくおとなしい子です。
でも無駄吠えがないというだけで、とっても元気いっぱいです。



マカ君は実はみっちゃんが脱走させてしまったゴンタに似ている。元飼い主さんにも確認してもらい とてもとても似ていた。


元飼い主さんとみっちゃんとのやり取りのメールです^^


★ご連絡ありがとうございました。
やはりゴン太なのでしょうね。
あれから長い間ゴン太もホントに大人になったのでしょう。良い子になって可愛がってもらえて、とても嬉しいです。
小心者ではありましたが寂しがり屋で楽しいことが大好きで、新しいママがおっしゃるように愛おしい犬でした。
ありがとうございます。幸せです。

☆優しいお気持ち 感謝しております。 私の不注意を責めずに信頼してくださり ほんとにありがとうございます! ゴンタのお陰で素晴らしい出会いがありました。


★一旦は心配事となってしまいましたが、川村さんに里親を見つけていただくようにお願いしたあの日、私は感謝の気持ちでいっぱいでした。
一般的には理解しがたい私の状況をお汲み取りいただいき、ゴン太の将来を引き受けてくださったあの時のご恩は忘れられません。川村さんとHASの存在が当時の私の唯一の救いだったのです。川村さんの不注意というよりも、当時のゴン太は愛護センターで処分されそうになったり、知らない家にいきなり連れて行かれたりで、あらんかぎりの力で必死で逃げたんだと思うんです。私は諸事情で一緒に活動できませんが、川村さんとHASのみなさんの活動を心から応援しております。これからも幸せな動物が増えるように頑張ってください。
こちらこそ、本当にありがとうございました。
新しいママさんへも、宜しくお伝えください。



ゴンタ ありがとう。
なんて暖かいお便りだったことか。

私たちは たった一つの命を大事に出来て すごく幸せですね^^

最後になりましたがゴンタ脱走のときは本当に沢山のHASのメンバーさんに助けていただきました。 私を責めることもなく ただただ数百枚のビラを作って下さり 車を出し立川 調布 八王子 方面まで何回もポスターを貼りに行ってくださり、、、 毎日のように各方面の警察愛護センター 動物病院 コンビ二 公園に連絡を入れてくださり、、、 どんなに心強かったことか。

深く深く感謝いたします。 そしてこんな失敗を2度としないよう 肝に銘じます。


ありがとうございました。
by jiro_saty | 2007-03-14 23:28 | レスキュー編