チプコのメッセージ

これは1992年5月に開催されたモントリオール国際環境会議・インド代表のサンダルラル・バフグナ氏のスピーチです。




チプコのメッセージ


私たちはチプコと呼ばれている

チプコはインド語で”抱きつく”という意味

私たちは木が切られないように木に抱きつく

木と共に切られてすでに200人が死んだ

今、あなたがたの国からたくさんの人が来て、

たくさんの木を切り、たくさんのダムを作ろうとしている

ダムができると森が沈み、私たちは生きていけない。

このようなことが行われないために、

私たち10万人のチプコは水に沈む覚悟をした

よく聞いて欲しい

私たちは決して貧しくない、私たちは豊かだ

私たちは何も欲しくない、ダムも電気もお金も

あなた方は経済という宗教に取りつかれてしまった

神様はお金、儀式は開発、生けにえは地球

神様からの贈り物は飢えと公害と戦争

開発は自然を殺し、一時の富をもたらすが永遠の生活と幸せを失う

私たちは開発ではなく、幸せを求めている

小さな土地と小さな水、そして小さな食べ物で十分なのだ

幸せはお城の中ではなく、自然の中にある

悩みは欲の中にあり、幸せとは欲から開放されること

あなた方はどうして、その当り前のことを忘れてしまったのか

あなた方はどこに行くのか
by jiro_saty | 2009-04-17 19:45 | みっちゃんのツイート