私だけ?


あのブルセラの事件以来 パソコンが重たい。

パソコンの体重が増えたんじゃないんだよ(当たり前~~)

何だか
地球のあちこちで

優しくないほんの少しの人間の行為が

心を破壊している。 だから パソコンを開く手が止まってしまうのだ。

a0020246_1833289.jpg

★奇跡のショット 猫部屋のガリちゃん^^



でも

国民性と断定して他の民族を否定してしまうことがないよう。

同じ日本人でも深く深く心通う人もいれば 哀しいけれど言葉の意味が通じあわない人もいる。

1人の心が健やかであれば その周りが暖かくなれる

一隅を照らすもの これ国の宝なり だよね




どうか以下の文面を心の隅に入れておいてください。
愛護活動をするということは 常に視野を広く持って冷静に考える力をつけていく という
お勉強も必要です。 可哀相とか 酷いとか それだけで短絡的に判断してかえって逆効果になることも知っておかないとね♪


必須!! 韓国の犬食に関して何かをするときに、必ず留意すべきこと
皆さん!! お願いです!
このことをいつも気にしておいてください


「民族性を批判するような行動に出てしまうと、かえって犬食を肯定させる結果に繋がってしまいます。」

ここに来てくださっている活動家の方たちは心配ないのですが、皆さんが発してくださった情報を見た一般の人(それも常識的では無い人)たちが、韓国人の民族性・国民性を侮辱するような発言をすることが予測されます。
情報を発してくださるときには必ず、それを予防できるような一言を書き加えて下さいますようお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.以下は韓国の動物保護市民団体 KARA からALIVEへ犬食用合法化阻止の協力要請を求めるレターに別途記載されていたものです。
韓国政府に向けて、犬食用合法化反対の請願を送るときに、下記のことを考慮して下さい。

過去に、犬肉擁護の圧力団体が、西洋人の批判のいくつかを脈絡なく取り上げ、我々の犬肉反対運動に対抗して利用した。彼らが韓国国民の感情を刺激しようと、脈絡も無く引用するキーワードがある。とりわけ強硬な国家主義者だ。その言葉とは、野蛮な、旧式の、残忍な、等々で、使われるべきではない。こうした言葉は犬肉擁護の圧力団体に弾薬を与えるだけだ。彼らは、西洋の批評家は人種差別主義者で、韓国文化を破壊している、と言うだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2.以下は、KARAのスタッフが私に切々と語られたことです。
1988年のオリンピック開催前に韓国は「犬を食べる国」ということで、特にヨーロッパの国々から痛烈な批判を受けたそうです。その中で、ある有名女優が発した「韓国は野蛮な国である。」と言う発言が、犬食用そのものの批判ではなく韓国人の自尊心を傷つけるものとして捉えられ、その怒りの矛先は国内の動物保護活動家達にまで向けられたそうです。その後の何年間かは、動物保護団体は孤立させられ非常に活動しにくい立場に追いやられたとか。
ちょうどこの事件を境に、犬肉を売る人たちの中から「犬食は韓国の伝統文化だ!」という言葉が叫ばれるようになったそうなのですが、実際は、朝鮮半島には犬を食用とする文化は昔から無かったそうです。朝鮮時代になって、あくまで已むを得ない場合の薬として、家で飼っている犬を潰したことが現在の犬食に繋がったと言えるもので、元々、犬を飼うということも「薬にする目的のため」に飼うのではなかったと言います。
その後、外国からの侵略や戦争によって食べるものに不自由する時代が長く続き、朝鮮戦争停戦後になってから初めて、犬を食用に飼育して売り出す者が出てきたそうです。
よって、国内でも海外でも韓国人の犬食用が「韓国の文化」と認識されることは大きな間違いであり、また、現在犬を食べる人がいるから「朝鮮民族は野蛮な民族である。」と解釈されることも大きな誤解であると明言されました。


a0020246_1850578.jpg


この兄弟 ただ今里親募集中で~~す♪ 2匹で一緒に暮らせるお家を探してます^^
by jiro_saty | 2007-06-14 18:42 | みっちゃんのツイート