チャップリンの独裁者

大きな地球儀を小さな体で精一杯上にあげて 満足そうな顔をしている独裁者のシーンを
記憶している方も多いかと思います。
チャップリンはあのヒトラーと背格好も生年月日も酷似していたそうです。

彼はナチスドイツが大きな権力を持ち幅を利かせていた最中にこの映画を作っていました。そして沢山の妨害にも屈することなく 最後の6分間の演説のシーンは何度も書き換えられ
ついにはキャラクターを捨ててチャップリン本人として言葉を発していたそうです。




「・・・申し訳ない・・・私は皇帝になりたくない、支配はしたくない、できれば援助したい、ユダヤ人も黒人も白人も・・・人類はお互いに助け合うべきである、他人の幸福を念願としてお互いに憎しみあったりしてはならない、世界には全人類を養う富がある。人生は自由で楽しいはずであるのに、貪欲が人類を毒し、憎悪をもたらし、悲劇と流血を招いた。スピードも意志を通じさせず機械は貧富の差を作り、知識を得て人類は懐疑的になった。
思想だけがあって感情がなく、人間性が失われた。知識より思いやりが必要である。思いやりがないと暴力だけが残る。航空機とラジオは我々を接近させ、人類の良心に呼びかけて世界をひとつにする力がある。
私の声は全世界に伝わり、失意の人々にも届いている。人々よ失望してはならない。貪欲は姿を消し、恐怖もやがて消え去り、独裁者は死に絶える。大衆は再び権力を取り戻し、自由は決して失われぬ!
兵士諸君、犠牲になるな、独裁者の奴隷になるな!彼らは諸君を欺き犠牲を強いて家畜のように追い回している。彼らは人間ではない!心も頭も機械に等しい!諸君は機械ではない!人間だ!心に愛を抱いてる、愛を知らぬ者だけが憎み合うのだ!独裁を排し自由のために戦え!“神の王国は人間の中にある”すべての人間の中に!諸君の中に!
諸君は幸福を生み出す力を持っている、人生は美しく自由であり素晴らしいものだ!諸君の力を民主主義の為に集結しよう!よき世界の為に戦おう!青年に希望を与え、老人に保障を与えよう!
独裁者も同じ約束をした、だが、彼らは約束を守らない、彼らの野心を満たし大衆を奴隷にした!戦おう、約束を果たす為に!世界に自由をもたらし、国境を取り除き全人類を幸福に導くように、兵士諸君、民主主義の為に団結しよう!
・・・ハンナ・・・聞こえるかい、元気をお出し・・・ご覧、暗い雲が消え去った、太陽が輝いてる、明るい光がさし始めた。新しい世界が開けてきた、人類は貪欲と憎悪と暴力を克服したのだ。人間の魂は翼を与えられていた、やっと飛び始めた、虹の中に飛び始めた、希望に輝く未来に向かって。
輝かしい未来が君にも私にもやって来る、我々すべてに!ハンナ、元気をお出し!・・・」


a0020246_7511365.jpg

by jiro_saty | 2006-11-14 07:51 | みっちゃんのツイート