叔父様の論理?



子供が小さかったころ
市立の保育園に通っていて そこで職員を減らす という市の政策に反対して母親たちが団結 役所に署名を持って乗り込んだことがあった。
自民党の議員たちが集まっている場所でみんなで署名を渡し懸命に訴えていた。
 仕事のが終わって子育てで疲れきったお母さん仲間が団結してとても頑張っていたと思う。

保育園の先生が減れば


例えば子供に目が行き届かなくて怪我をしてしまう とか

安心して子供を預けられなくなってしまう とか
不安が出てくるのは当然だと思われたし。






この前後 私の息子氏はブランコに乗っていて
急に背中が痒くなり なんと両手を離して掻こうとして頭から落ち脳震盪を起こし 大騒ぎになった(うううう~両手離すなあ~)
余談でしたね(恥)


それで
お母さんたちが一生懸命議員に話していると
急に一人の初老の議員が 私たちに向かってニヤニヤしながら
 





女の人はね
家で子供を育てていればいいんだよ

と言ったのである!!


 
 は??

だって、、、。


おいおい   みたいになって

みんな気が抜けたぜよ。


少し前 所轄の警察に私が迷い犬を保護している連絡をしたが時間外の警察内での引継ぎが出来ていなくて 記録があいまいになり飼い主さんに連絡がいくまで1ヶ月かかった。(飼い主さんも動物愛護センターに連絡していなかったらしく)

そういう似たような事例が3回あったのできちんとした対応をお願いしたが まだ曖昧に対応しているのを感じ

警察庁のクレーム課に連絡して事情を話していたら


担当の(これも叔父様だったねえ)

愛護センターって何ですか?
そんなのがあるんですか?
だって


ははは


おいおい








ぷはあ~~~~~^


みんな がんばろう


こういうすってきな叔父様が

例えば この繁殖屋に任せておけば 犬が大量に死ぬかもしれない とか

例えば この母親に手助けをしなければ子供をきちんと育てていけないかもしれない

とか
この生活保護を依頼して毎日足を運んでくいる弱りきった老人はこのまま家に戻したら餓死してしまう とか

このゴミを放置しておくと今に森がゴミであふれてしまうとか



そういうそうぞうりょくをおもちにならないのであり


お役所に期待しないこと

その担当の人が同じ気持ちで頑張ってくれるかどうか  クールに見極める目を持ちましょ^^


もし駄目だったら
無理に期待してはお気の毒なので


私たちが 普通に 手を取り合い
頑張って
普通におせっかいしていくことが
はじめの一歩かと思います

ね?

叔父様?


a0020246_7463079.jpg



頑張ってるあなたに^^




アニマル・コミュニケーション・クラブ


あったかくて才能溢れるチコベルさんと 優しい優しいコミニュケーションが出来ます。
by jiro_saty | 2006-11-06 07:46 | みっちゃんのツイート