犬にキシリトール=肝臓障害

epiちゃんのブログエピポンblogから


犬にキシリトール=肝臓障害
[ニューヨーク 29日 ロイター]シュガーレスの菓子類に広く使用されている人工甘味料キシリトールが、犬の肝臓に障害を起こす可能性があり、場合によっては死に至らせる危険もあると、米国の獣医師らが29日、米獣医学協会(AVMA)のジャーナルで警告した。
 この報告を受け、砂糖の代わりとして使用されるキシリトールと肝機能不全など犬の病気との関連を疑う声が強まりそうだ。
 報告書を共同執筆したグワルトニー・ブラント氏によれば、犬はキシリトールを少量でも摂取すると大量のインシュリンを放出し、その結果血糖値が下がり、命に危険が生じるという。
 同氏は「体重10キロの犬が1グラムのキシリトールを消費した場合でも治療が必要になる」としている。ただ、キシリトールと肝臓への影響を結論付けるにはさらなる研究が必要だとも話した。

a0020246_044857.jpg


・・・10kgの犬が1gのキシリトールでNG・・・
犬とキシリトールの関係は1970年代から研究されて、2004年にはJapanDogJournalでも書いてるくらいだがこの話ってあんまり普及してないような… 
↑上記HPのコメント欄より一例↓。当の製造元のガム会社はキシリトール問題に興味なし、と…。

獣医師をしています。
先日キシリトールガムを盗食して低血糖の痙攣発作を起こし担ぎ込まれた子がいました。30kg以上もあるラブラドールでした。
血糖値は20(普通は80-120くらい)でした!
幸い命は助かり、肝臓の一時的な障害があっただけですみましたが、もしチワワだったら・・・もし長時間誰も気づかなかったら・・・と恐ろしい思いをしました。診察時にガムの会社に問い合わせましたが、幼児でも大丈夫なので関係ないでしょうと言われました。後でアメリカの文献を調べてわかったのです。自分を含めいかにこの事実が日本では知られていないか知りました。見回してみると、たくさんの犬用の製品に注意書きもなくたくさんキシリトール配合とうたわれています。気をつけてください!!
by jiro_saty | 2006-10-02 00:43 | みっちゃんのツイート