愛護センターでの死は安楽死ではありません。

あなたの持ち込んだ小さくて弱い命はあなたの想像を超えた苦しみを味わって死んで行くのです。
厭きたから。
吠えるから
五月蝿いから
面倒だから
汚いから
引っ越すから
離婚するから
病気になったから
年取ったから
子供を産むから
旅行に行くから
他の犬を買ったから
臭いから

どうですか?
こんな理由であなたが一緒に暮らした子をろくろく面倒も見ず殺処分機に送り込んで

平気なんですか?
生きている間もろくに散歩も行かず
触れてもやらず
炎天下 水も与えず ろくにご飯も与えず

そんなこと
本当に平気なんですか?
それでも
この子達はあなたに甘えようと
それでもこの子達はあなたを癒そうと
笑うのです
愛しい子
命の輝きに満ちた素晴らしい宝物です。

a0020246_0413470.jpg

by jiro_saty | 2012-07-23 00:42 | レスキュー編