サンタさん

そういえば昔 サンタという犬がいました。 飼い主さんが多忙のため 世話をしてもらえず傾きかけた犬小屋で毎日退屈そうにしていました。 家の方に許しを得て毎日毎日散歩に行きました。 彼はとても元気で暴れん坊で そして気のいい奴でした。
最後の日 彼は私たちが行くのを待って静かに息絶えました。 足腰が弱って途中で歩けなくなるのに散歩をねだり案の定あるけなくなると決まって抱きかかえる私の腕を噛んで来ました。まるで
 おれは そんなおいぼれちゃいねえぜ 美智子!! 
とでも言うように。
 

サンタ サンタ
大人の女にはサンタは来ないみたいだけど
お前のこと 考えるよ 毎年ね 

雪の中を駆け抜け
雨の中も 風の中も
私たちを待っていた
飼い主さんも お前の亡骸にすがって涙していた。


何が正しい飼い方か私には分からない
でも少なくてもサンタのママは犬が恐くても お前に毎日ご飯を作ってあげていたよね。

愛はそこにあった
私たちは そう信じられたよ サンタ
a0020246_178758.jpg

by jiro_saty | 2004-12-23 17:08 | レスキュー編