戦争なんて まっぴらごめん

いまからおよそ65年前 第二次大戦下の日本では およそ10万頭ともいわれる犬が殺人兵器として利用されていた。 人間と共に戦場に出兵する 軍犬 と呼ばれた犬たちである。 軍犬たちの多くは地雷を踏んだり 狙撃手の標的となり儚く命を散らした。 運良く生き延びられた犬も 終戦後には戦地に置き去りにされる運命だった。
終戦後には戦地に置き去りにされる運命だった… 大好きな主人から遠く離れた場所で 軍犬たちは一体なにを思いながら 永い眠りについていったのか。 本書は消え去ろうとする過去の事実をもとに 犬と人間との心温まる関係を描いた物語である。
Amazon さよなら アルマより

昨夜NHKのオンデマンドでさよなら アルマ 戦争に行った犬の最後のシーンだけ見るようなことになってしまった。 なってしまった というのは私は動物が出てくるドラマが苦手なのでなるべく避けている。昨夜は出かけていて戻ると母がすごく興奮してドラマの解説をしてくる。
この話 すごいのよ。。
犬がすごく利口で戦争で兵士を助けてそれでみんなが犬を救いたくて一人の兵士に犬を託して戦場から必死に日本に戻るよう説得してるところなの。。。

結局最後に船に乗る時に上官に犬はだめだと言われるのだ。 私が見たのはそこだった。

あああ  やっぱり自分の感受性をのろいます。


このシーンが頭に焼き付いて離れなくなり今日一日疲れきってしまったのだ。


人間の勝手で戦争を始め世界中で沢山の動物が戦争に利用され殺された。
戦争を始めたのは誰なの?誰が責任を取る筈だったの?

弱いもの 力のない国 何も知らされずただ巻き込まれるのだ。

アルマ

この犬を救いたいと願った兵士は自分はいいから犬を乗せてくれと懇願する。

そのとき
アルマは突然激しく吠え出して愛しいはずの兵士を噛み そして。。。。


今日は本当に疲れました。
a0020246_17532642.jpg

by jiro_saty | 2010-12-19 17:29 | みっちゃんのツイート