誰が為に犬はいる

見るも無残な姿で公園で保護をされた マリリン改め明海は今とてもとても充実した毎日を送っている。 多分 Yさんでなくてはコントロールできないであろう利口さと機敏さ そして要領の良さもあり 私はつくづく犬の運について考えさせられるのである。 よく自分の寂しさを紛らわす為に動物を飼うということを耳にする。 それはそれでいい方法だと思うけど あまり気持ちや健康に余裕が無い時に頑張って保護をしてもかえって犬を苦しめることになる場合もある。 マリリンは私にとってはあまりに手に余る娘であった。 丁度サティアの目の病気が進行しつつある所で はっきりいってマリリンには余り手をかけてやることは出来なかった。一生懸命保護しようとしても 今の彼女の生活を聞くにつけ ああ 早く新しいお家にお嫁に行けて本当に良かったと思う。

犬は私の為にいるんではなく ただそこにあるがままに生きているだけだ。 無理やり躾をしようとしたり 早くいい子にしようとするには 相手はあまりに大きな存在だと思う。

 ふっくら明海  よかった~^^^^

a0020246_1735107.jpg
a0020246_1724739.jpg

by jiro_saty | 2004-10-14 17:34 | レスキュー編