ことの顛末 3

以前からここでお話させていただいている3年もの間外のケージで暮らしていた4匹の猫たちはその後お寺で保護されていました。 その扱いや今後について あるいは持ち込んだ獣医と名乗る男性については色々調べていますが、実は金曜日にその中の一匹がみっちゃんちにやって参りました。

長毛種であったので全身毛玉があり寒いけれどやむ終えずということでお寺の方で病院にかけてくださりこのようにステキな(042.gif)姿になっております。
a0020246_1614376.jpg


a0020246_16151719.jpg


あの苦しい日々を耐え抜いてくれた愛しい愛しい子。。。。

他の3匹も幸せになる権利があります。

☆☆☆
うれしいお知らせです。


4月10日、PM7時半、やせてはいるが、東久留米市幸町のMさんの猫、きじとら、めす、うりちゃんが自力で帰ってきたと松村さんから 連絡ありました。涙声で、ありがとうございました。川村さん、みなさんにくれぐれもよろしくとのこと。電話口で元気な鳴き声が聞こえていました。

a0020246_16533382.jpg

by jiro_saty | 2010-04-18 16:15 | レスキュー編